中村獅童の新たなる挑戦、コロナ禍で感じた歌舞伎を通して伝えたい想い「心と心が繋がる空間へ」

中村獅童を発起人とする、祈り×伝統芸能×最新テクノロジーによる新プロジェクト、【meme nippon project】が始動する。


7月16日・17日に、ドワンゴ主催で世界遺産・薬師寺を舞台に『meme nippon project 第一章「薬師寺ひかり響夜 - inori -」~歌舞伎と灯りと響きの夕べ~』の開催することが決定した。

ジャンルを超えたアーティストが集結し、最新テクノロジーと伝統芸能が融合する「祈り」とは果たしてどのようなものか。プロジェクト発起人の中村獅童にその思いや意気込みを語ってもらった。




――まずは『meme nippon project 第一章「薬師寺ひかり響夜 - inori -」~歌舞伎と灯りと響きの夕べ~』開催決定おめでとうございます。

ありがとうございます。


――今回のプロジェクトでは中村さんが発起人となりますが、プロジェクトのきっかけ、込められた「祈り」についてお聞かせください。

世界がコロナ禍という状況に陥り、僕自身もいくつかの公演が中止になり、出たくても出られないという状況が続きました。その期間を僕は、「これからの自分やこれからの歌舞伎界について考える時間」として受け取ることが出来たんです。歌舞伎役者としての自分が「この状況下で何ができるか」を考えていると、やっぱりみんなが一つになって、みんなの気持ちも一つになって、感動したり泣いたり笑ったりするエンターテイメントが浮かびました。このエンターテイメントに、「疫病退散」や「世界平和」といった祈りを込め、新たな何かを届けることが出来ないか。その実現を、超歌舞伎でタッグを組んでいるドワンゴの横澤大輔さんに頼んだのがきっかけです。


――プロジェクトでは新しい試みだけでなく、伝統芸能と最新技術の化学反応、1300年の歴史と最新アートのコラボも楽しめそうですね。

歌舞伎って元々、古典芸能ではなく最先端の芸能なんです。傾く(かぶく)文化なんです。もし江戸時代に初音ミクの世界や技術があったとしたら、歌舞伎界がいち早く取り入れていたはずです。ファッションでもそうですし、アートでもそう。


――なるほど。そのような最先端芸能の歌舞伎が今回は「祈り」をテーマに新たな表現を模索されるわけですね。

今回は最新技術も全て含め、アートも音楽もファッションも全方位に取り込んで、「祈り」をテーマに落とし込めればと考えています。コロナ禍や昨今の世界情勢では辛い思いをされた方も多いと思います。少しでも手助けになれればという思いを込め、ロウソクに灯をともして祈りを捧げて頂ければ嬉しいです。これは参加型の体験でもあり、同時に薬師寺に映える舞台効果でもあります。若い方に対しても歌舞伎の面白さを広げていく新たなチャレンジです。


1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 5件)