岡田准一×坂口健太郎 映画『ヘルドッグス』曲者揃いの追加キャスト10名解禁

映画・舞台 公開日:2022/06/29 3
この記事を
クリップ

岡田准一×坂口健太郎が“狂犬コンビ”を演じる映画『ヘルドッグス』が9月16日(金)に公開となる。このたび、本作に登場する曲者揃いのツワモノたちを演じる総勢10名の追加キャストが解禁された。


【上段左から】
酒向芳吉原光夫金田哲はんにゃ)、大場泰正木竜麻生

【下段左から】
中島亜梨沙村上淳尾上右近杏子赤間麻里子



『ヘルドッグス』は、主演・岡田准一、監督・脚本・原田眞人が『関ヶ原』、『燃えよ剣』に続き3作品目のタッグを組み、監督と俳優という関係を超えた信頼感で作品に魂を注入し作り上げた、究極のノンストップ・クライム・エンターテイメント。


本作で岡田が演じるのは、腕っぷし一つでヤクザ組織に潜入しのし上がる元警官・兼高昭吾(かねたか・しょうご)。兼高は警官時代に愛する人が殺される事件を止められなかったというトラウマを抱え、正義も感情も捨て復讐することにのみに生きる“闇に墜ちた男”で、その狂犬っぷりに目をつけた警察組織から、関東最大のヤクザ組織「東鞘会(とうしょうかい)」への潜入という危険なミッションを強要される。そんな兼高とバディを組む室岡秀喜(むろおか・ひでき)を演じたのは坂口健太郎。室岡は死刑囚の息子という境遇ゆえに心の奥底に深い闇を抱え、組織内でも誰も手が付けられない制御不能な存在だ。警察のデータ分析によると、2人の相性はなんと<98%>。警察は兼高へ室岡に喧嘩を売り、それをきっかけに東鞘会・神津組(こうづぐみ)へ潜入するよう指示を出す。もちろん二人の相性は抜群で、二人はお互いの心の隙間を埋めるように、なくてはならない存在になり、最強の“狂犬コンビ”として猛スピードで組織を上り詰めていく。

【関連】岡田准一&坂口健太郎“狂犬コンビ”が大勢の相手を一掃 映画『ヘルドッグス』特報公開


そんな彼らを取り巻くキャラクターも一筋縄ではいかない奴ら。松岡茉優が演じるのは、兼高と室岡が所属する東鞘会・神津組のボスの愛人でありながら兼高とも関係を持つ刺激大好きなグリーンヘアの美女【吉佐恵美裏(きさ・えみり)】、北村一輝は東鞘会最高幹部である「東鞘会三羽烏」の一人で、兼高&室岡のボスとなる任侠100%の人情組長【土岐勉(とき・つとむ)】、さらに東鞘会へ恨みを抱え、マッサージ師として組織内部にも入り込む、潜入捜査員の連絡係【衣笠典子(きぬがさ・のりこ)】を大竹しのぶが演じているほか、東鞘会・七代目会長“十朱義孝(とあけ・よしたか)”をアーティストであり俳優のMIYAVIが扮する。


今回解禁となったのは、映画『ヘルドックス』の世界を強烈個性で彩る総勢10名の追加キャスト。


岡田演じる【兼高】、坂口演じる【室岡】はもちろん、すでに、松岡茉優演じる【恵美裏】、北村一輝演じる【土岐】、大竹しのぶ演じる【典子】、MIYAVI演じる【十朱】と錚々たるキャストたちが、裏社会を生きる強烈なキャラクターを演じることが発表されてきた本作に、原田組常連のベテラン勢、今注目の若手女優ほか、個性的な魅力を放つ俳優陣が参戦。狂犬コンビを取り巻く裏社会の全貌が徐々に明らかに。


兼高の狂犬っぷりを見抜きスカウト、東鞘会へ潜入するよう指示を出す、警視庁の裏捜査のエース【阿内将(あない・まさる)】役は、TBSドラマ『インビジブル』でも警察組織の特別捜査官として独特の存在感を放つ酒向芳が演じた。独特な演技で本作でもどこか怪しい雰囲気をまとっている。さらに、尾上右近が阿内や兼高が密会するとあるサロンの常連客として姿を現すことが明らかに。


そして、警察組織も手を焼く東鞘会には、超個性的豊かな俳優陣が揃った。MIYAVI演じる東鞘会の若きトップ、十朱の秘書であり組織の最高幹部として兼高、室岡にも目をかける“レスラー熊沢”こと【熊沢伸雄(くまざわ・のぶお)】役には、元劇団四季の劇団員で『ライオンキング』、『美女と野獣』など数多くの舞台に立ってきた吉原光夫。劇中でも劇団四季仕込の美声を披露するかも?そして原田監督の前作『燃えよ剣』にも出演し、監督からの信頼厚いはんにゃ・金田哲が演じたのは、狂犬コンビが属する「東鞘会」の三次団体三神組のボスである【三神國也(みかみ・くにや)】。狂犬コンビとは何かと対立しがちなライバル的キャラクターで、相性98%を誇る兼高・室岡の2人に突っかかり波乱を起こす。さらに、鼻を嚙み切られ常に“鮫皮のマスク”をつけている関東最大のヤクザ組織を束ねる幹部の一人「東鞘会」理事長【大前田忠治(おおまえだ・ちゅうじ)】役を大場泰正が圧巻の貫禄で演じ、十朱の手下で“ある処理”を忠実に行う拷問場の管理人である【番犬】役に村上淳が扮している。


あわせて『ヘルドッグス』を彩る女性陣も解禁。原田監督が本作について「男たちは美しく滅び、女たちは強く生き抜く」と語っている通り、力強い、インパクト満載の女性キャラクターの活躍も本作の魅力の一つ。映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』や映画『ゾッキ』など話題作に立て続けに出演し、6月10日公開の『わたし達はおとな』でも主演を努めるなど、近年、目覚ましい活躍を見せる若手女優・木竜麻生は、室岡とある繋がりを持つ【膳所杏南(ぜぜ・あんな)】役に。そして、東鞘会の面々が訪れる会員制クラブ「天童」のキャスト・ルカ役には元宝塚歌劇団月組・星組の娘役スターとして活躍した中島亜梨沙も出演。さらに「天童」のママとして、ロックバンド「BARBEE BOYS」のメンバーとして一時代を築いた杏子がパワフルな姿を披露する。そして、熊沢の妻・佐代子役でリーゼント&サングラスと強烈なビジュアルが印象的な姉御姿の赤間麻里子も見逃せない。


果たして彼らの存在は、岡田准一×坂口健太郎演じる“狂犬コンビ”にとって、“吉”と出るのか、“凶”とでるのか…?一癖も二癖もあるツワモノたちが勢揃いし、それぞれの思惑渦巻く予測不能な展開が動き出す。今後の続報にも注目だ。



■『ヘルドッグス』
9月16日(金)全国公開
【出演】
岡田准一 坂口健太郎 松岡茉優 ・ MIYAVI ・ 北村一輝 大竹しのぶ
金田哲 木竜麻生 中島亜梨沙 杏子  大場泰正 吉原光夫  尾上右近 田中美央 村上淳 酒向芳
【監督・脚本】原田眞人
【原作】深町秋生『ヘルドッグス 地獄の犬たち』(角川文庫/KADOKAWA刊)
【映倫区分】PG12
【配給】東映/ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
©2022「ヘルドッグス」製作委員会


※本記事は掲載時点の情報です。