二宮和也“主演”の肩書き奪われる?まさかのインタビュアーにタジタジ

映画・舞台 公開日:2022/06/30 4
この記事を
クリップ

日本を代表する俳優・二宮和也を主演に迎えた新作映画『TANG タング』が2022年8月11日(木・祝)に公開となる。このたび、タングが二宮をインタビューするというまさかの映像が解禁された。




映画『TANG タング』の主演は人気・実力ともに日本を代表する俳優、二宮和也。国民的アーティストグループ「嵐」の活動休止以降、初の主演映画となる本作で二宮は、妻に捨てられ、人生に迷うダメ男を演じる。二宮の今回の共演相手はまさかの、記憶を無くした迷子のへっぽこロボット。原作はベルリン国際映画祭で「映画化したい一冊」に選ばれた、イギリスのハートウォーミング小説『ロボット・イン・ザ・ガーデン』。日本国内でもシリーズ累計発行部数38万部を超えるベストセラーで、根強い人気を誇っている。


ゲーム三昧で妻に捨てられた、ダメ男・春日井健(かすがい けん)。わけあって無職で人生に迷子中。ある日、健の家の庭に突然現れたのは、記憶を無くした迷子のロボット。どこからきて、何のためにやってきたか分からないそのロボットは自分の事を“タング“と名乗った。タングを最新型ロボットと交換するために始まった旅は、いつしかタングを直す旅に。しかし、そこで明らかになるのは、タングが失った記憶に、世界を変える秘密が隠されているという事だった――。タングの記憶の為に大きな選択を迫られる健。ふたりの迷子が大冒険の先に見つけた、人生の宝物とは――。


このたび、タングが二宮をインタビューするというまさかの映像が解禁された。しかもあの大物監督クリント・イーストウッドの名前が書かれたディレクターズチェアに堂々と座ってのインタビューだ。これまで数多の作品に出演し、数々の取材をこなしてきた二宮だが、共演者のロボットにインタビューを受けるのは今回が“初”ということで冒頭から戸惑いが隠せない。タングにインタビュアーが務まるか心配する二宮に対して、「“主演”だから大丈夫」と返すと、早速「みどころ一言で」と鋭い質問を飛ばすタング。さらに、その返答を華麗にスルーし、「タングかわいい」「主演のタングがすごい」と自らを自画自賛するなど、自由奔放なタングに二宮もタジタジ…。主演は俺だと指摘された挙句には、「タング、ニノ、だーいすき」と全力でごまかすタングには、二宮も「ごまかすなよ」と思わずツッコミ。劇中の健とタングさながらのやり取りに思わず笑顔になってしまうインタビュー映像となっている。この映像は本日からYoutubeにて公開。さらに、30秒のショートバージョンが109シネマズ、T・ジョイ系列の各劇場で7月1日から順次上映される。


記憶をなくしたロボットとポンコツな大人の大冒険が日本中を笑顔と感動と温かな涙で包み込む映画『TANG タング』、今後の情報にも期待だ。



▼【タングがニノにインタビューしてみた】特別映像




■『TANG タング』
8月11日(木・祝)全国ロードショー!
【キャスト】
二宮和也
満島ひかり/市川実日子
小手伸也 奈緒 京本大我(SixTONES)
山内健司・濱家隆一(かまいたち) 野間口徹 利重剛 景井ひな / 武田鉄矢
【原作】『ロボット・イン・ザ・ガーデン』(デボラ・インストール 作 松原葉子 訳 小学館文庫)
【監督】三木孝浩
【配給】ワーナー・ブラザース映画
©2015 DI ©2022映画「TANG」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。