相葉雅紀「新しいホラーの形」『“それ”がいる森』特別メイキング映像公開

映画・舞台 公開日:2022/06/29 3
この記事を
クリップ

不可解な怪奇現象が多発するという実在の森を舞台に、実際に数々の“それ”を見たという目撃情報をベースに描かれる、新時代のホラーエンターテインメント『“それ”がいる森』が、9月30日(金)に全国公開される。この度、本作の特別メイキング映像が解禁となった。また、特典付きムビチケカードの発売も決定した。


本作は、主演・相葉雅紀演じる田舎で農家を営む・田中淳一たちが、得体の知れない“それ”に遭遇するという未知の恐怖を描いた物語。監督を務めるのは、ジャパニーズ・ホラーの代名詞であり、ハリウッドでリメイクもされた不朽の名作『リング』、2000年代興行収入NO.1ヒットホラー映画『事故物件恐い間取り』など、数々のヒット作を生み出してきた名匠・中田秀夫監督。さらに、松本穂香上原剣心ジャニーズJr.)、江口のりこらが出演する。



この度、出演キャストのコメントを含む特別メイキング映像が解禁された。ノイズとともに「ある日、森の中、XXXXに出会った。」の文字が浮かび、怪しげな雰囲気で始まる映像。本作についてキャストがコメントする場面では、相葉の「今までのジャパニーズホラーとは違った新しいホラーの形」という言葉に続き、松本も「ホラーはホラーでもちょっと違う」と、全く新しいホラー作品になっていると次々に言葉をそろえる。


江口は、現場の様子も含めて「(映画全編に)不穏な空気が漂っている」と語り、監督の中田秀夫も「今回ほど考えてチャレンジした作品は無い」とコメントするなど、過去前例の無い新たな挑戦に、熟考を重ねて挑んだ様子がうかがえる。


最後に相葉が笑みと共に「恐いですよね」と語るシーンは印象的で、“それ”との遭遇についての注意喚起もされ、不気味な余韻が漂うまま映像は終了。実在の森が舞台となっている本作の、恐怖が身近に潜んでいることも伝えられているこの映像は、7月8日(金)より松竹系劇場の幕間にて上映予定。


また、数量限定でオリジナルクリアファイルが特典で付くムビチケカードが発売決定。7月15日(金)より劇場窓口・チケットぴあ通販にて販売される。特典のクリアファイルには今回初出しとなる限定ビジュアルが起用されており、“それ”と出会う前の相葉の姿が描かれている。オリジナルクリアファイルは数量限定で、なくなり次第終了となる。


▼『“それ”がいる森』特別メイキング映像




■映画『“それ”がいる森』

2022年9月30日(金)全国ロードショー

出演:相葉雅紀 松本穂香 上原剣心(ジャニーズJr.) 江口のりこ 他

企画・配給:松竹

(C)2022「“それ”がいる森」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。