中村倫也主演ミュージカルで「アラジン」タッグ再び 『ルードヴィヒ』出演者は“5人のみ”

映画・舞台 公開日:2022/06/26 17
この記事を
クリップ

2022年10月上演予定となる中村倫也が主演を務める、MUSICAL『ルードヴィヒ ~Beethoven The Piano~』の更なる出演者を発表。ルードヴィヒにとって大切な存在として描かれる自立した女性マリーに、木下晴香。そして、もう一人のルードヴィヒや青年役に、福士誠治が決定した。また、訳詞を森 雪之丞が務め、よりドラマティックに作品を彩る。



木下晴香は、昨年の第11回岩谷時子賞(2020年)受賞に続き、本年、第47回菊田一夫演劇賞(2021年)を受賞。類い稀な歌唱力でかつ清らかな表現力が魅力の木下が、芯の強いマリーを演じる。また、『アラジン』“プレミアム吹替版”で主人公アラジン&ヒロインのジャスミンを担当した中村倫也と木下晴香の再タッグとなる。


木下晴香はコメントで「ものすごく濃密で刺激的な日々になるぞと、今から楽しみで仕方ないです。ベートーベンの生きた世界、素敵な皆さまと熱く熱くお届けします!」と意気込みをあらわにした。



そして、舞台のみならず、ドラマや映像などでも活躍する福士誠治は、大河ドラマでも挑戦した“老け役”にも改めて挑戦。


「演出の河原雅彦さん、主演の中村倫也さんとご一緒出来ることもワクワクします。この作品が日本の方々に響くことを、僕はなぜか確信しています。」と自信を見せた。


訳詞を務める森 雪之丞も「韓国特有の湿度のあるメロディーに中村倫也が福士誠治が木下晴香がどんなアプローチで挑み、河原雅彦の演出で魂がどんな唸り声をあげるのか?書きながら、楽しみでしかありません」と期待を露わにした。(全文コメントあり)


また、公演概要も発表され、2022年10月29日(土)~ 11月13日(日)東京芸術劇場プレイハウスにて、その後、11月17日(木) ~21日(月)大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ、11月25日(金)・26日(土) 金沢・赤羽ホール、11月29日(火)・30日(水) 仙台・電力ホールにて公演が行われる。


本作は2018年末~2019年にかけて、韓国で初演されたミュージカル。日本でもおなじみとなった『SMOKE』『インタビュー』『BLUE RAIN』の作・演出家 チュ・ジョンファの新作として注目された作品だ。世界中誰もが知る天才音楽家であり、聴力を失ってなお音楽への情熱を注ぎ込んだ悲運の人・ベートーベンの生涯を、彼を取り巻く人物たちとの愛と影、喪失そして運命を、彼が綴った音楽とオリジナル楽曲で描く。主演には、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』やドラマ『凪のお暇』、映画『ウェディング・ハイ』など数々の話題作に出演し、舞台『ヒストリーボーイズ』では第22回読売演劇大賞優秀男優賞を受賞するなど、振り幅の広い演技で破竹の活躍を見せる中村倫也が青年期のルードヴィヒを務める。また、残酷歌劇『ライチ 光クラブ』や『八犬伝』などで中村とタッグを組んできた河原雅彦が、日本版の上演台本・演出を手掛ける。


<木下晴香 コメント全文>

韓国ミュージカル!出演者5人のみ!河原さん演出で中村さん主演!!
いや~これはきっとものすごく濃密で刺激的な日々になるぞと、今から楽しみで仕方ないです。
と同時に、柔軟な心と頭で飛び込まないと食らいついていけないだろうなと、いい意味で恐ろしさも感じていて…。
とにかくこの作品のことを考えるとニヤっとしてしまう今日この頃です。
ベートーベンの生きた世界、素敵な皆さまと熱く熱くお届けします!どうぞお楽しみに。


<福士誠治 コメント全文>

ミュージカル「ルードヴィヒ」に参加出来ることとても嬉しく思っています。誰もが1度は聞いたことのある名前ベートーヴェンの物語。
この作品を通して僕自身も知らなかったこと、そしてひとりの人間のことをまた改めて考えてみたくなりました。
ミュージカルなので、音楽と共に。演出の河原雅彦さん、主演の中村倫也さんとご一緒出来ることもワクワクします。
そしてこの作品が日本の方々に響くことを、僕はなぜか確信していますので楽しみにしていてください。


<森 雪之丞 コメント全文>

ルードヴィヒが神から賜った『才能』と『苦難』の物語。
熾烈な運命に蹂躙される彼の痛々しい感情を、いかに詩的な歌詞で描けるのか?――
僕も今、試練の中にいます。
韓国特有の湿度のあるメロディーに中村倫也が福士誠治が木下晴香がどんなアプローチで挑み、
河原雅彦の演出で魂がどんな唸り声をあげるのか?
書きながら、楽しみでしかありません。


<STORY>

残り少ない人生を前に書かれたベートーベンの1通の手紙。
そして、その手紙が一人の女性の元へ届く。
聴力を失い絶望の中、青年ルードヴィヒが死と向き合っていたまさにその夜。
吹きすさぶ嵐の音と共に見知らぬ女性マリーが幼い少年ウォルターを連れて現れる。
マリーは全てが終わったと思っていた彼に、また別の世界の扉を開けて去っていく。
新しい世界で、新たな出会いに向き合おうとするルードヴィヒ。
しかしこの全ては、また新たな悲劇の始まりになるが・・・。


【出演】

中村倫也
木下晴香 
木暮真一郎 
高畑遼大・大廣アンナ(Wキャスト) 
福士誠治


【日時/会場】

<東京公演> 東京芸術劇場プレイハウス  10月29日(土)〜11月13日(日)
<大阪公演> 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ  11月16日(水) 〜11月21日(月)
<金沢公演> 北國新聞赤羽ホール 11月25日(金)~11月26日(土)
<仙台公演> 電力ホール 11月29日(火)~11月30日(水)

※公演の詳細は、7月下旬に発表


中村倫也画像 ©文藝春秋


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)