STU48石田千穂、憧れは長澤まさみ 女優業の展望語る

映画・舞台 公開日:2022/07/14 16
この記事を
クリップ

吉田修一の同名小説を原作とし、5人の若者たちのルームシェアの経過とその行方をそれぞれの視点から描いた舞台『パレード』に、STU48石田千穂が出演する。


グループでの活動から離れ、単独での舞台出演は初。田舎からトラックで上京し、若手人気俳優からの電話をテレビの前で待ち続ける女性・大垣内琴美役に抜擢された。


アイドルとは異なる面を多く持つ琴美に、似ている部分と尊敬する部分を感じたという石田。今作への意気込みを語ってもらうと共に、女優業の展望や憧れの人物などについても聞いた。

「1人で挑むのは初めて」舞台への意気込み


──まずは今作への出演が決まった時の心境を聞かせてください。


STU48のメンバーと一緒に舞台に出演したことはあったんですが、1人で挑むのは初めてなのですごく嬉しかったです。新国立劇場という、私でも聞いたことあるような有名な場所に立たせていただけるなんて光栄でした。


──2020年に事務所をツインプラネット内の女優・俳優セクションであるワイルドプラネットに移籍されました。いよいよ本格的に女優業が始まるわけですね。


はい、これから演技にも挑戦していきたいなと思っています。


──今作にはどんな印象を持ちましたか。


舞台への出演が決まってから映画と小説を見させていただいたんですが、最初はすぐに内容が理解できなかったんです。でも何回か見ていくうちに、現実でも起こりうるようなことがこの『パレード』ではリアルに描かれているんだな、と怖さを感じたりするようになりました。内容がリアルな分、私も舞台上でリアルに表現できるように頑張ろうと思いました。


アイドルになって判明した“得意なこと”


──現在はどんな準備をしているのでしょうか。


いただいた台本を、移動中などにひたすら読みながら過ごしています。長いセリフがあるので、まずはそこから覚え始めました。


──記憶力には自信はあるほうですか?


学生時代のテストなどでの記憶力は全然ダメだったんですが、アイドルになって、ファンの方の顔とかファンの方が言っていたことを覚えるのは得意なことが判明しました。でも文字を覚えるのはあまり得意ではないです...(笑)。


──今はどうやって台本を覚えているんですか?


データで台本をいただいたので、画面にちょっとずつセリフを出して、覚えているか確認しながら取り組んでいます。まだまだなので、これから頑張ります!


役柄への思い 自分に似ている部分も


──石田さんが演じる琴美はアイドルとは違う部分も多い役柄かと思いますが、どんな役だと感じましたか? 


自分の意思をちゃんと持っている人だと思いました。ふわふわしているようにも見えるけど、よく知らない人のトラックに乗って、東京まで来てしまう行動力は尊敬できます。私も「のんびりしているように見えるけど、意外と意志を持っているよね」と言っていただけることがあるので、そこは似ている部分なのかなとも思います。


けど、琴美は初めて会った人にでも気軽に話せるというか、得体の知れない男の人を急にパチンコに誘ったりするので、そこは自分じゃ考えられないです(笑)。私は人見知りなので、誰にでも話しかけられるところも尊敬しますね。


──今回の作品が決まって、他の舞台なども見てみましたか? 


それまでは舞台を見たことがあまりなかったので、どういう雰囲気なのかを学びたくていろんな舞台に足を運んでいます。


──映像作品とはやはり違うんでしょうか。


映像だと顔がアップになったり引きになったりするけど、舞台だと遠くのお客さんにも伝わるようにするためにどうしたらいいんだろうと思っていたんです。ボソボソと喋るようなシーンもあるけど、そのまま本当にボソボソと喋ったら聞こえない。声の出し方から全然違うんだなと感じました。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 10件)