荒木宏文、最強の男を演じて“発見したこと”明かす「刃先は自分に向けるべき」

映画・舞台 公開日:2022/06/24 7
この記事を
クリップ

映画『漆黒天 -終の語り-』初日舞台あいさつが24日、都内で行われ、主演の荒木宏文をはじめ小宮有紗松田凌長妻怜央7ORDER)、鈴木裕樹唐橋充が出席した。


映画と舞台を連動させるプロジェクト「ムビ×ステ」の第3弾。記憶がないため、なぜ刺客に追われているのか、なぜ剣の腕が立つのか思い出せない名無しの男が、唯一の手がかりである「愛する者の死に際」の記憶を頼りに自分を取り戻していく、奇想時代劇ノワール。脚本は舞台『刀剣乱舞』、『TRUMP』シリーズなどの末満健一氏が担当した。





初日を迎え、主演の荒木は「うれしいですね。朝からたくさんの方が見てくれたみたいで、幸せだなと思いました」と心境を明かした。続いて“座長・荒木宏文”について話すトークが展開されると、小宮が「とっても頼もしかったです。困ったらいるだけで安心、みたいな。ここにいてくれるだけで安心という存在感でしたね。安心してお芝居に取り組めたので、ありがとうございました」と感謝。荒木は照れくさそうに頭を下げると「これ、あと4人に褒められるの?耐えられるかな…」とソワソワしていた。


長妻は「撮影の合間に時間があったんですが、その間も荒木さんは殺陣をやっていた。僕は結構長い時間、現場を離れていたんですがその間ずっと殺陣をやっていたのかと思うと、闘志がみなぎっているなって。本当にすばらしい方。尊敬させていただいていました」とにっこり。荒木も「ありがとうございます、うれしいっすね」と喜んだ。


本作は京都で撮影。鈴木は「京都の街を荒木と2人で歩いたんです。古着屋を巡って荒木に選んでもらった服を僕がどんどん買っていきました。あんなにすごい芝居しているのに、ファッションセンスもあってすごいですねっ!」と褒めると、荒木は吹き出して大笑いだった。


また、松田が長妻の天然エピソードを披露する場面も。松田は「今日舞台あいさつ前『緊張するね』と話していて、そしたら怜央が『こういう時は“人”を手に書いて舐めるといいよ』って言ったんです。『“人”を舐める』ってどういうことだろう?と思ったけど、俺もちょっとバカなので『“人”は食べるんじゃない?』って言ってしまった。そしたら彼が『食べるほうが美味しいかもしれない』って言ったんです(笑)」と紹介。続けて「撮影期間も含めて屈託のない笑顔で付き合ってくれた。彼は愛されているなって感じましたね」と話し、会場が拍手で沸いた。



兄弟役を演じた松田と長妻。長妻は「凌くんとずっとお仕事したいと思っていた。ストイックな方だって話をお聞いていたので。お仕事したその日に『会いたかったんです』と言いました。ハードル高い演技だったけどそれを上回るお芝居をされていて、魅了させていただきました」と伝えた。


荒木は本作を通じて「刃先は自分に向けるべき」と感じたといい、「最強の男を演じるにあたって、何が最強なのか考えた。敵を制圧する、自分が勝利して敗者を作ることをイメージして強い男を考えていたけど、最近サンドバッグを殴っていて『強さは自分に向けないといけない』と。それを見つけられた。おかげで拳がボコボコになった。あざだらけです」と語った。


▼インタビュー掲載&チェキプレゼント企画も!

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 27件)