Snow Man岩本照、不安を支えた「#ひとりじゃないって最強だ」

映画・舞台 公開日:2022/06/30 57
この記事を
クリップ

Snow Man岩本照が超シャイで真面目な消防士・蛯原恭介役で映画単独初主演を務める映画『モエカレはオレンジ色』が、7月8日に全国公開を迎える。


「ドッキリかな」と思いながらも、時を経て徐々に主演の喜びを実感していったという岩本だが、今ではグループのメンバーから「いじられる覚悟」もしているという。

原作を読んで「久々にキュンキュンした」という彼の恋愛観に迫りつつ、メンバーとの関係性や共演する美 少年浮所飛貴の撮影裏話を語ってもらう中で、ジャニーズJr.時代に抱えていた不安と、それを支えたメンバーや家族、ファンへの感謝の思いを聞くことができた。

初の単独主演映画「ドッキリかなと」


──映画が決まった時の心境はいかがでしたか?


ドッキリかなと思いました。嬉しさはありましたが、本当なのか壮大なドッキリを仕掛けられるのか、どっちだろうって。でも徐々に顔合わせとか、作品の準備がいろいろと進んでいくにつれて「あ、本当なんだ」と実感していきました。


──原作の印象はどうでしょうか。


久々にキュンキュンしましたね。基本、僕が読む漫画は主人公が戦う系なので、漫画でキュンキュンすることってあまりないんです。でもそういった要素が詰め込まれている作品だったので、演じさせてもらう時には、しっかりとそこを自分の中に落とし込んで、恥ずかしさとか「うわー」っていう感情は取っておいて、客観的に見た時にそこを楽しもうかなと思っています。


メンバーからは「いじられる覚悟はしています(笑)」


──主題歌はSnow Manが担当されますね。


『オレンジkiss』は、この映画の主題歌とは知らずに曲を聴いたとしても、この映画にめっちゃ合うと思うくらいにハマっている感じがしました。歌詞を聴いていて、エンドロールで流れるのがすごい想像つきましたね。爽やかな感じもありつつ、言葉で伝える優しさみたいなものもありつつ、映画にすごく寄り添っている印象を受けました。主題歌までやらせてもらえるというのは、純粋に嬉しかったです。


──岩本さんの出演に対するメンバーの反応はどういったものでしょうか。


公開が近付いていっていろんな情報が出ていくのにつれて、メンバーからいじられる覚悟はしています(笑)。特に深澤(辰哉)からいじられそう。映画のシーンを(向井)康二とかふっか(深澤)が再現しそうな気もするし、意外とラウールとかもつっついてきそう。俺が「ちょっとやめてよ」って言っているのをわざと楽しんでいる気がするんですよ。あいつら最近、ちょっと良くない(笑)。


──劇中で恋のライバルが現れるような展開もあるようですが、岩本さんはもし自分に恋のライバルが現れたらどうしますか?


僕は譲らないと思います。ライバルが知らない人だったら、特に。


──それがメンバーだったら?


いや、メンバーと同じ人を好きになるって、あまりないシチュエーションすぎて難しいんですけど(笑)。でももしそうだったら、1回話し合いますね。その上で、僕は「応援したい」と思うのかもしれません。メンバーだったら。

1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 6件)