映画『ドラゴンボール超』第二弾入場者プレゼントは“鳥山明描き下ろし”ビジュアルクリアボード

映画・舞台 公開日:2022/06/20 11
この記事を
クリップ

1984年から1995年まで「週刊少年ジャンプ」で大人気作品として連載され、常にトップを走り続けてきた日本を代表する伝説的漫画『DRAGON BALL』。コミックスは全世界累計2億6000万部と驚異的な記録を叩き出し、連載終了後もなお、テレビアニメ・映画・ゲームなど様々なメディアミックスでファンを魅了し、全世界で桁外れの人気を誇っているモンスターコンテンツ。 2015年に原作者・鳥山明原案による新シリーズ『ドラゴンボール超』がスタートし、映画では2013年に17年ぶりの劇場版シリーズが復活し立て続けに大ヒットを連発する中、前作『ドラゴンボール超 ブロリー』は全世界興行収入135億円超えとなる『ドラゴンボール』史上最大のヒットを記録。常に高みを目指し進化し続けてきた 『DRAGON BALL』シリーズの最新作映画『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』がついに6月11日(土)に公開。




公開週の土日には動員数50万、興行収入6.7億円を超え、動員数・興行収入ランキング共に堂々の1位を獲得した本作。公開から9日を迎えた本日20日、ファンのみなさまに支えられ、興行収入が12億円を突破した。SNS上では「スーパーヒーローだよ!最高!」「開始5分でもう一回観たくなりました」「ドラゴンボールで泣くと思わなかった」といった、熱量の高いコメントが数多く寄せられ、早くもリピートを決める声も。6月11日(土)~6月19日(日)9日間累計は、興行収入 1,274,075,790円、動員数 947,690人。


さらに、6月25日(土)より新たに配布される、第二弾入場者プレゼントの片鱗が明らかに。その名も“鳥山明描き下ろしビジュアルクリアボード”。その名の通り、今作で原作・脚本、キャラクターデザインを手掛けた、鳥山明先生による描き下ろしのプレゼントとなっている。


絵柄は2種、映画の印象的なシーンやキャラクターを鳥山先生がそれぞれ描き下ろし。シークレットでのランダム配布となっており、その内容は劇場で受け取るまでのお楽しみ。全国の劇場で、合計100万枚限定の配布となっており、既に映画観た人も再度劇場へ足を運び、その全貌を目にしたいプレゼントだ。


野沢雅子古川登志夫 インタビュー


▼初日舞台挨拶

 


■『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー

超ヒット上映中!

声の出演:野沢雅子 古川登志夫 久川綾 堀川りょう 田中真弓 草尾毅 皆口裕子 入野自由 神谷浩史 宮野真守 ボルケーノ太田 竹内良

©バード・スタジオ/集英社 ©「2022ドラゴンボール超」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。