西島秀俊の危険な色気炸裂『グッバイ・クルエル・ワールド』豪華俳優陣に迫る場面写真解禁

映画・舞台 公開日:2022/06/17 2
この記事を
クリップ

主演・西島秀俊、共演に斎藤工宮沢氷魚玉城ティナ宮川大輔大森南朋三浦友和ら豪華俳優陣が集結した、大森立嗣監督作品『グッバイ・クルエル・ワールド』の公開日が、9月9日(金)に決定した。また、豪華俳優陣それぞれのキャラクターに迫る場面写真が解禁となった。



西島秀俊、斎藤工、玉城ティナ、宮川大輔、三浦友和が演じるのは、全員互いに素性を明かさない一夜限りの強盗団。ある夜、彼らはラブホテルで秘密裏に行われていたヤクザ組織の資金洗浄現場を狙い、大金強奪の大仕事に成功。それぞれの生活に戻るメンバーだったが、警察やヤクザ組織に追われる日々が始まる。宮沢氷魚演じるラブホテル従業員、大森南朋演じるヤクザと黒い繋がりを持つ刑事などを巻き込み、大波乱の物語が幕を開ける。監督・大森立嗣×脚本・高田亮がオリジナルで描く豪華俳優陣によるエキサイティングでポップな銃撃戦クライム・エンターテインメント。


このたび、映画を彩るそれぞれのキャラクターたちの情感あふれる写真が解禁となった。西島秀俊演じる妻子への愛の陰に凶暴な過去を隠す安西。一夜限りと決めた裏仕事、銃を構えた西島秀俊の危険な色気が炸裂する。斎藤工演じる悪だけが恋人のヤミ金業者・萩原。喫茶店の窓際でタバコをくわえ佇む姿にただならぬ殺気を感じさせる。


宮沢氷魚演じるラブホテルの従業員・矢野。銃声鳴り響く狂気の世界で最も危うげな光を放つ。玉城ティナ演じる自由を買い占める大金が欲しい美流。すさんだ暮らしの中で、一途に自由を求めるキャラクターで新境地を開拓。宮川大輔演じる美流のピュアな本能に魅入られた武藤はチンピラ感あふれるが、どこか愛しいキャラクターが光る。大森南朋演じる、強盗団を追い詰めるヤクザと警察組織の境界で暗躍する蜂谷刑事。正義と悪の間に揺れる寂れた男の悲哀を感じさせる。三浦友和演じる金持ちどもの転落を画策する浜田。すべての登場人物の運命を翻弄する強盗団のボスを納得の存在感で魅せる。

【画像】場面写真 




■『グッバイ・クルエル・ワールド』
9月9日(金)全国公開
【出演】
西島秀俊 斎藤工 宮沢氷魚 玉城ティナ 宮川大輔 大森南朋 / 三浦友和
【監督】
大森立嗣
【脚本】
高田亮
【オープニング曲】
『What Is This』Bobby Womack(Universal Music)
【劇中曲】
『Let’s Stay Together』Margie Joseph(Warner Music Japan)
『Back In Your Arms』Wilson Pickett(Warner Music Japan)
【エンディング曲】
『California Dreamin’』Bobby Womack(Universal Music)
【配給】
ハピネットファントム・スタジオ
【レーティング】
R-15

©2022『グッバイ・クルエル・ワールド』製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 8件)