『バズ・ライトイヤー』日本版声優にりょう「不思議に思っていた点が晴れる作品」

映画・舞台 公開日:2022/06/15 5
この記事を
クリップ

ピクサー・アニメーション・スタジオの第1作目にして、世界で初めての長編フルCGデジタルアニメーションとして誕生した『トイ・ストーリー』。世界中が涙した続編の『トイ・ストーリー3』、そして米批評家から「3つの続編の中で最も素晴らしい」など大絶賛の嵐となった『トイ・ストーリー4』はともに日本でも興行収入100億円を超える大ヒットを記録した。そんな世界中の観客を感動の渦で包み込んできたディズニー&ピクサーの大傑作「トイ・ストーリー」シリーズで誰よりも仲間思いのバズ・ライトイヤーの原点を描く最新作『バズ・ライトイヤー』(7/1公開)が、ディズニー&ピクサー作品として約2年ぶりに映画館の大スクリーンに帰ってくる。バズ・ライトイヤー役に鈴木亮平、バズが出会う仲間・イジー役に今田美桜、キュートで万能な猫型友だちロボット・ソックス役にかまいたち山内健司と、続々と豪華声優陣が発表され話題となっている本作だが、この度、誰よりもバズを信じ続けた親友・アリーシャをはじめとする、主要キャラクター5名の日本版声優が新たに解禁となった。



「トイ・ストーリー」シリーズでアンディ少年のお気に入りの“おもちゃ”バズ・ライトイヤーは、実は、彼の人生を変えるほど夢中になった大好きな映画の主人公であり、本作はその<映画>の物語である。有能なスペース・レンジャーのバズは自分の力を過信したために、1200人もの乗組員と共に危険な惑星に不時着してしまう。みんなではるか遠い地球に帰還するため、バズはたったひとりで困難なハイパー航行を繰り返すが、何度も失敗してしまう。


そんな彼を長年支え続けていたのは、バズと同じ“スペース・レンジャー”であり、後にスター・コマンドの指揮官になるまで昇進するほど優秀な相棒で、バズの成功を誰よりも信じていた親友のアリーシャ。しかし、バズのハイパー航行中の時間経過は、数分で通常の数年分にあたるため、バズが任務に挑む内に、やがて62年もの時が経ち、年を重ねたアリーシャは、やがてバズを残してこの世を去ってしまう…孤独なバズは親友の存在を胸に冒険へ繰り出し、そこで彼の運命を変える新たな仲間と出会うことになるが…。


そんなバズにとって大切な存在であるアリーシャの日本版声優を担当するのは、映画、ドラマ、舞台、CM 幅広く活躍する俳優・りょう。バズ・ライトイヤー役の鈴木亮平らと同様にUSのオーディションを経て、アリーシャ役を射止めたりょうは出演が決定したときの心境について「息子たちも小さな頃から夢中になっている作品に参加できてとても嬉しいです。そして長く観ていたからこそ不思議に思っていた点が晴れる作品に参加できた事も二重以上の喜びです」と、多大なる喜びを語った。


そして、ディズニー&ピクサー作品初出演のりょうは「30代から80代までという半世紀を突然飛び越える演技は非常に難しかったのですが、これからの人生に役立つのではないかと思う貴重な体験でした。それに加え「トイ・ストーリー」シリーズを通じて重要な意味を感じる台詞“無限の彼方へ”を言える役をいただいた事もとても光栄に思っています」と、バズがハイパー航行に挑むたびに年を重ねていくキャラクターならではの苦労を明かしつつ、誰もが知る名台詞の重要性について語った。バズを傍で支える親友でありながら、共に任務に挑む良き相棒でもあるアリーシャの魅力については「部下に命令を下す厳しい上司としての一言から、孫と話すおばあさんとしての会話まで一貫して愛情深く、年月や性別を超えて溢れる愛を実践したアリーシャの人生、その全てが魅力的です」と、深みのあるキャラクター性を解説。さらに「無限の愛を支えた有限の物語を是非お楽しみください」と、公開を待ち望むファンへ温かいメッセージを明かした。


唯一の親友すらもいなくなってしまった孤独な世界で、バズが新たに出会うのは、アリーシャの孫で”スペース・レンジャー“に強い憧れを抱く・イジーをはじめとするジュニア・パトロールの仲間たち。「楽しいトレーニングキャンプかと思った」と軽い気持ちでバズと冒険に挑む、ダメダメな男・モー役には、「ポケットモンスター」シリーズのコジロウ役や「鬼滅の刃」竈門炭十郎役などで知られる三木眞一郎


一癖ありながらも愛されるキャラクターを演じることに定評のある三木は「バズと一緒のチームで戦うモーの声をやらせていただけたこと、とても嬉しく思っております。彼らの戦いは、コミカルでありながらとても大事な何かを伝えてくれると思います。バズとともにチームとしての成長も見守り楽しんでいただけたら嬉しいです」と、バズの成長に必要なキャラクターであると解説。そんなモーの相方で怒りっぽい性格のダービーを演じるのは、『モンスターズ・インク』、『リメンバー・ミー』などのピクサーの名作に出演し、舞台、吹き替えなど幅広く活躍する俳優・磯辺万沙子。磯辺は「本作に参加出来るなんて、最高に幸せです。ダービーは、仮釈放中の銃器マニア・爆弾作りの名人。ダメダメなモーとのコンビで、決して諦めないおばあちゃんパワーにもご注目下さい。あー、ワクワクする!」と、モーとの凸凹コンビの魅力を興奮気味に語った。


そんなバズたちが乗り込む宇宙船の自動操縦音声作動ナビゲーター・アイヴァン役には、「ルパン三世」の峰不二子役(3代目)、『ゲゲゲの鬼太郎(6期)』のゲゲゲの鬼太郎役でお馴染みの沢城みゆき。沢城は、「まさか“無限の彼方に”向かう旅に並走できるだなんて…!興奮と喜びはつきません。バズのあまりにも孤高な使命感に私は胸を打たれましたが、アイヴァンはあくまでもシステム。バズがどんなピンチにあろうとも、坦々と時にユーモアをもって自分の仕事をします」と出演の喜びを明かしつつ、バズとアイヴァンの可笑しな掛け合いにも注目してほしいと語った。


さらに、本作には「トイ・ストーリー」シリーズでお馴染み、バズの宿敵ザーグも登場。『アベンジャーズ』シリーズのサノス役、『機動戦士ガンダム』のギレン・ザビ役など幅広く活躍する銀河万丈は「公開を楽しみにしていらっしゃる皆様に、夢と希望と勇気を届けたいと、お星さまにお祈りしました――ザーグの航星…あ、間違えた、更生日誌より」とユーモアを交えつつ、期待の高まるコメントを寄せた。


「時間を失った」からこそ感じられる“仲間の大切さ”――。バズとウッディたちの絆が世界中を感動の渦に巻き込んだように、本作でもスペース・レンジャー“バズ”と新たな仲間たちとの絆がどんなドラマを生み出すのか…?ディズニー&ピクサーが、まるでアトラクションを体験しているかのような壮大な映像美、そして誰もが予想もできない驚きの物語で世界中の観客に新しい感動を届ける。そしてこの夏、アンディ少年が大好きだった映画『バズ・ライトイヤー』の物語をあなた自身が体験できる!無限の彼方へ さぁ―。



【STORY】

有能なスペース・レンジャーのバズは、自分の力を過信したために、1200人もの乗組員と共に危険な惑星に不時着してしまう。地球に帰還するため、バズは猫型の友だちロボットのソックスと共に不可能なミッションに挑む。その行く手には、ずっと孤独だったバズの人生を変えるイジーや個性豊かな仲間たちと、思いもよらぬ“敵”が待ち受けていた──。「トイ・ストーリー」で誰よりも仲間思いのバズ・ライトイヤーの、知られざるルーツを描く感動のファンタジー・アドベンチャー。


■『バズ・ライトイヤー』

7月1日(金) 全国劇場公開

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

©2022 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)