“鬼刑事”阿部寛と“部下”磯村勇斗の姿も『異動辞令は音楽隊!』場面写真が一挙解禁

映画・舞台 公開日:2022/06/15 3
この記事を
クリップ

第44回日本アカデミー賞で最優秀作品賞ほか数々の賞に輝いた『ミッドナイトスワン』を手掛け、映画界でいま最も注目される内田英治監督が、YouTubeで偶然目にした警察音楽隊のフラッシュモブ演奏の映像から着想を得たオリジナル脚本で描く。犯罪捜査一筋30年の鬼刑事で、突然警察音楽隊へ異動辞令を命じられる成瀬司を演じるのは日本映画界・ドラマ界を牽引し、どんな役をもモノにする圧倒的演技力とお茶の間の抜群の好感度、そして唯一無二の存在感をもって常にトップに立ち続ける阿部寛。そして、清野菜名磯村勇斗高杉真宙ら話題作への出演が相次ぐ若き才能と、光石研倍賞美津子ら日本映画界の重鎮たちが脇を固める。



主題歌には、ブラックミュージックをはじめ、様々なジャンルをルーツとした音楽で全世代から支持を集め続けているOfficial髭男dismが本作の為に書き下ろした『Choral A』。メンバーの楢﨑誠がかつて島根県警察音楽隊でサックスを演奏していたことが強く後押しし、主題歌に決定。誰もが覚えのある「人生こんなはずじゃなかった」という想いを抱く者たちの奮闘が、『IN THE MOOD』『アメイジング・グレイス』『聖者の行進』などの名曲とともに心に鳴り響く。涙と笑いの人生大転換エンターテインメント『異動辞令は音楽隊!』は8月26日(金)全国ロードショー。


この度、『異動辞令は音楽隊!』より新たな場面写真が一挙解禁となった。くたびれたような恰好で頭から血を流す成瀬司(阿部寛)に対し、スーツ姿で成瀬を呆れたような目で見る部下の坂本祥太(磯村勇斗)の姿からは、違法捜査も厭わない鬼刑事とそれに振り回される部下の軋轢を感じさせる。また、真剣な表情でトランペットを吹く来島春子(清野菜名)や言い合いをするサックス奏者の北村裕司(高杉真宙)とカラーガード隊の柏木美由紀(モトーラ世理奈)の様子からは、警察音楽隊のちぐはぐぶりを垣間見ることができる。


ほかにも成瀬の母・幸子(倍賞美津子)や、音楽隊の隊長で指揮者の沢田高広(酒向芳)、成瀬ともみ合いをしている捜査一課の主任・井上涼平(六平直政)の姿も映し出されており、成瀬と彼を取り巻く人々との関係にも期待が膨らむ。最後には、音楽隊の制服姿でドラムセットを叩く成瀬の姿、広場で演奏する音楽隊の様子が捉えられている。仕事も家族も失った成瀬が、まさかの音楽隊への異動辞令でどんな人生の大転換を迎えるのか。涙と笑いの人生大転換エンターテインメント『異動辞令は音楽隊!』は8月26日(金)公開。



【STORY】

犯罪捜査一筋30年の鬼刑事 成瀬司は部下に厳しく、昭和さながら犯人逮捕の為なら法律すれすれの捜査も辞さない男。家族にもろくに構わず一人娘・法子からはとうに愛想をつかされている。そんな成瀬は高齢者を狙った「アポ電強盗事件」が相次ぐ中、勘だけで疑わしい者に令状も取らず過激な突撃捜査をしていたが、そのコンプライアンスを無視した行動が仇となり、突然上司から異動を命ぜられる。刑事部内での異動だろうと高をくくっていた成瀬だったが、異動先はまさかの<警察音楽隊>だった――。


■『異動辞令は音楽隊!』

8月26日(金) 全国ロードショー

配給:ギャガ

(C)2022 『異動辞令は音楽隊!』製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 9件)