橋本環奈主演『カラダ探し』公開日決定 凄惨な運命を予感させるティザービジュアル解禁

映画・舞台 公開日:2022/06/14 5
この記事を
クリップ

橋本環奈が主演する映画『カラダ探し』の公開日が2022年10月14日(金)に決定し、あわせてインパクト抜群のティザービジュアルが解禁された。



原作の『カラダ探し』は、小説投稿サイト「エブリスタ」(旧・E★エブリスタ)で人気No.1の携帯小説として話題となり、2014年には村瀬克俊による漫画版が漫画誌アプリ『少年ジャンプ+』(集英社)で連載、同サービスで累計閲覧数1億回を初めて突破した人気作品となり、10代・20代男女の心を掴んで離さないバイブル的存在となっている。


このたび、映画『カラダ探し』の公開日が10月14日(金)に決定し、あわせてインパクト抜群のティザービジュアルが解禁された。


本作は、『IT/イット』シリーズや『死霊館』シリーズ、『シャイニング』など世界的名作を多く生み出し、ホラー映画の金字塔を打ち立てたワーナー・ブラザースが贈る超刺激的ループ型ホラー。橋本環奈演じる主人公の女子高生・明日香の生活は、ある日学校にいるはずのない幼い少女から「ワタシのカラダ、探して」と不気味な言葉を言われた日から一変してしまう。その日深夜0時を迎えた瞬間、気付くと明日香はクラスメイト5人と共に深夜の学校に。その後突如全身が血で染まった少女”赤い人”が現れ、全員を次々に殺していく…。そしてその日から、6人は同じ日を繰り返すこととなるのだった。明日を迎える唯一の方法は、校内に隠された、とある少女のバラバラにされた”カラダ”をすべて見つけ出すこと―。


解禁となったティザービジュアルは、血しぶきが広がった床で明日香のほか、クラスメイト5人の死体が転がった衝撃の仕上がり。そして死体に囲まれ、全身から血が滴る不気味な姿で真ん中に立っているのは、6人を毎日追い詰め殺していく”赤い人”。校内に隠された”カラダ”を全て見つけなければ、永遠に終わらないループの中で”赤い人”に殺され続ける6人だが、一体どのように殺されてしまうのか?真っ赤に染まるおぞましい姿から、6人の身に起こる凄惨な運命を予感させる。また、まだ解禁されていない明日香のクラスメイトも、今回初めてその5人の姿が解禁となったが、まだうつ伏せ状態で顔はわからないまま。明日香とともに”赤い人”に挑むクラスメイトそれぞれを誰が演じているのか、SNSでも予想合戦が繰り広げられるに違いない。なお、今月24日(金)には特報映像のほか、新情報も解禁予定。“赤い人”とは?“カラダ探し”とは?明日香たち6人は明日を迎えることが出来るのか?まだまだ多くの謎に包まれている本作の続報に期待が膨らむ。


▼橋本環奈のコメントはこちら



■映画『カラダ探し』
10月14日(金) 全国公開
【主演】橋本環奈
【原作】ウェルザード『カラダ探し』(エブリスタ)
【配給】ワーナー・ブラザース映画

©2022「カラダ探し」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。