「伏線が回収されていって」古川雄輝らが『劇場版 ねこ物件』の見どころ語る超特報解禁

映画・舞台 公開日:2022/06/13 3
この記事を
クリップ

4月より、テレビ神奈川、TOKYO MX、BS11ほかにて放送され、ねこ×イケメン×シェアハウスの組み合わせで話題を呼んだオリジナルドラマ『ねこ物件』。放送前に映画化が発表され、このたびタイトルが『劇場版 ねこ物件』と発表され、8月5日(金)より劇場公開が決定。あわせてポスタービジュアル2種と超特報が解禁となった。



二星優斗は祖父・幸三の死をきっかけに残された2匹の猫、クロとチャーとともに“猫付きシェアハウス”を始めることに。不動産会社の広瀬有美の手を借りながら、5人と新たな入居猫を加えた3匹の“二星ハイツ”が出来上がった。劇場版では、優斗が幼い頃に離ればなれになった弟の存在を想い出して、探し出すことを決意する。その方法とは、“猫付きシェアハウス”と自分の存在を全国に知らしめて、再び住人を募ることだった。そんな優斗をサポートしようと入居者だった、修、毅、丈、ファンの4人が二星ハイツへと帰ってくる。


主人公の二星優斗を演じるのは、プライベートでも猫を飼い、念願のねこドラマで初主演となる古川雄輝。そして、細田佳央太上村海成本田剛文松大航也が出演し、若手イケメン俳優が勢揃い。さらに劇場版では、金子隼也がドラマのカギを握る役柄で登場。優斗の祖父役に竜雷太が出演し、まさに新旧イケメンがスクリーンを埋め尽くしている。他に四つ葉不動産の有美役に長井短、猫カフェの店長役に山谷花純らが出演。監督は『おいしい給食』を手掛けた綾部真弥。主題歌はSPiCYSOL『Bell』。本作の陰の主役、愛くるしい猫たちに、クロ、ヒゲ、チャー、ししまる、ケイ、ぽんず、おはぎ。キャスト、スタッフ、そして猫たちの力を結集して、日常の中に起こる変化をみんなが小さな優しさを持ち寄って穏やかに過ごそうと奮闘する『劇場版 ねこ物件』で、この夏、ほっこり温かい気持ちになってみては。


解禁となった『劇場版 ねこ物件』ポスタービジュアルは2種類。


1つは、“僕には想い出があります。猫がいて、祖父がいた―。”と書かれた幼き頃の優斗と、祖父・幸三、ねこのケイが暮らしていた昔の二星家の思い出を切り取った写真。もう1つは、祖父が他界してから、二星ハイツで暮らした修、毅、丈、ファンに、ねこのクロとチャー、ファンの飼い猫・タマ、そして猫付きシェアハウスを提案してくれた有美が写った集合写真。


“猫がいる、一つ屋根の下。僕に家族が出来ました―。”と優斗の心情を現しているかのようなコピーが添えられ、ほっこり温かい気持ちにさせてくれる優しいポスタービジュアルが完成した。


映像の冒頭、優斗役の古川は「映画で伏線が回収されていって」と見どころを語る。続けて、修役の細田と、毅役の上村、丈役の本田、有美役の長井、ファン役の松大が登場し、優斗の謎が明らかになる驚きの新展開をアピールし、すべてがつながる劇場版に期待が高まる。


「猫付きシェアハウス」を舞台に贈る、今夏一番のハートフル・ストーリー『劇場版 ねこ物件』は、8月5日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開。



▼「劇場版 ねこ物件」超特報②



■『劇場版 ねこ物件』
2022年8月5日(金)新宿ピカデリーほか全国公開
【出演】古川雄輝/細田佳央太/上村海成/本田剛文/松大航也/金子隼也/山谷花純/長井短/竜雷太
【監督・脚本】綾部真弥 『おいしい給食』
【主題歌】『Bell』 作詞 KENNY 作曲 Face 2 fAKE 歌:SPiCYSOL(ワーナーミュージック)
【企画・配給】AMGエンタテインメント
【配給協力】REGENTS

(C)2022「ねこ物件」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)