長谷川博己&綾瀬はるか、寄り添いながらクロール練習『はい、泳げません』本編映像解禁

映画・舞台 公開日:2022/06/09 3
この記事を
クリップ

2020年代を代表する大ヒット恋愛映画『花束みたいな恋をした』の製作プロダクション・リトルモアがお届けする『はい、泳げません』(6月10日(金)公開)は、泳げない男と泳ぐことしかできない女の、希望と再生の物語。NHK大河ドラマ『麒麟がくる』以降、初の主演作品となる長谷川博己が、頭でっかちな言い訳ばかりするカタブツな哲学者・小鳥遊雄司を演じ、そんな主人公に水泳を教えるコーチ・薄原静香を綾瀬はるかが演じる。


この度、長谷川博己演じる泳げない哲学者・小鳥遊雄司が、水泳コーチの薄原(綾瀬はるか)から、クロールの泳ぎのポイントを教わる本編からの抜き映像(57秒)に加え、薄原が小鳥遊を導くように、寄り添いながらクロールを練習する場面を捉えたスチール写真が解禁された。


解禁された本映像は、綾瀬はるか演じる水泳コーチの薄原静香が、長谷川博己演じる泳げないカタブツな哲学者・小鳥遊雄司と、同じく水泳教室に通う主婦たちに、クロールで難しいとされている“息継ぎのポイント”を教えるシーンから始まる。

静香コーチは、恐怖でカチコチになっている小鳥遊の右手を取り、腕を前に出しながらも痛くない体制になるよう自然と促す。そのまま自身の胸の前で「力を抜いて」と、優しい声をかけながら支え、泳ぎのフォームを教えているのだ。

小鳥遊は、不安げな様子ながらも、静香コーチに身体を委ね、そのまま一人でバタ足を続ける。プライベートででは泳ぎが得意だと言う長谷川の、泳げない人にしか見えない素晴らしいその演技も注目のシーンだ。

静香コーチに言われる通り、右腕を前に出し必死でバタ足を続ける小鳥遊。途中、ううっと声をもらしたり水を飲みそうになりながらも、なんとかバタ足を続けコースの最後まで行きつく。顔をぬぐいながふと立つと、感極まった表情で「泳げた…今の泳げましたよね?!」と歓喜の声を上げる。

コーチ役の綾瀬は「本当は泳ぐのが上手なのに、下手に泳ぐ練習を一生懸命されていたのが印象的」(綾瀬)と、長谷川の役作りの大変さを労う。本編でもニッコリとうなずく静香コーチの満面の笑顔に、観客も共感するに違いない。


▼映画『はい、泳げません』本編映像




■映画『はい、泳げません』

6月10日(金)TOHOシネマズ 日比谷 ほかにて全国ロードショー
出演:長谷川博己 / 綾瀬はるか 伊佐山ひろ子 広岡由里子 占部房子 上原奈美 / 小林薫 阿部純子麻生久美子
配給:東京テアトル、リトルモア
宣伝:ヨアケ

(C)2022「はい、泳げません」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。