金ロー『ジュラシック・パークⅢ』放送、シリーズ最新作と共通する登場人物も

映画・舞台 公開日:2022/06/10 10
この記事を
クリップ

いよいよ7月29日に公開されるシリーズ最新作にして完結編『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』公開記念の第2弾として、金曜ロードショーでは『ジュラシック・ワールド』シリーズ前2作を7月22日から2週連続で放送。



第1夜は、『ジュラシック・パーク』シリーズの続編にして、前作から14年の月日を経て再スタートした『ジュラシック・ワールド三部作』の第1作『ジュラシック・ワールド』を放送。『ジュラシック・パーク』での惨劇から22年後、イスラ・ヌブラル島に完成した巨大テーマパーク「ジュラシック・ワールド」を舞台に、遺伝子操作によって生み出された新種の恐竜が脱走、人間や恐竜を襲う。出演は、主人公ラプトルの飼育員・オーウェン役に『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』などのクリス・プラット。ジュラシック・ワールドの運営管理者クレア役に『マンダレイ』『スパイダーマン3』のブライス・ダラス・ハワード。日本でも興行収入95.3億の大ヒットを記録。監督は『スター・ウォーズ』シリーズやスター・トレックシリーズの監督候補にもなるなど注目を受け、本作がまだ長編映画第2作目だった新進気鋭のコリン・トレボロウ。


翌週29日は、第2作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』を放送。前作での大惨事から3年後を舞台に、大噴火の危機が迫る中で、オーウェンとクレアが繰り広げる恐竜救出作戦の行方と、恐るべき陰謀に巻き込まれた彼らの運命を、臨場感あふれる迫力のアクション満載に描く。出演は引き続きクリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード。


監督は前作のコリン・トレボロウに代わり、『永遠のこどもたち』『インポッシブル』などで注目されたスペイン出身のJ・A・バヨナが新たに務める。本作のストーリーや登場するキャラクターが、最新作に直接繋がっていくので、絶対に見逃さないようにしよう。


今夜の金曜ロードショーでは、前シリーズ『ジュラシック・パーク』の第3作『ジュラシック・パークⅢ』を放送!本作では、ティラノサウルスを上回る凶暴性を誇る巨大肉食獣、スピノサウルスや、翼竜プテラノドンなど、数多くの恐竜が登場!陸の上はもちろん、空からも、水中からも獰猛な恐竜たちが襲い掛かる気の休まる間のないノンストップのパニック・アドベンチャー。最新作では、本作に出演するグラント博士、サトラー博士も、物語のキーパーソンとして再登場するので、本作は必見だ。


『ジュラシック・パークⅢ』の見どころは、「映画大好き芸人」こがけんが、金曜ロードショーの直前に放送される「まもなく金曜ロードショー」(よる8時54分~/関東ローカル)で解説する。


<こがけん コメント>

こんばんは、映画大好き芸人こがけんです。

今夜の金曜ロードショーは、「ジュラシック・パークⅢ」を放送します。この夏には「ジュラシック・ワールド」シリーズ最新作が公開されますが、共通する登場人物も出てきますので、これを見ておけばより最新作を楽しめます!


――『ジュラシック・パークⅢ』のみどころは!?

今回は初期3部作の3作目ですが、本作は原作のないオリジナル脚本。2作目には出番がなかったサム・ニール演じる古生物学者アラン・グラント博士が1作目以来の登場となります。グラントファンには最高ですね~!

前作から4年後。映画の序盤で、「天変地異が起こってもあの恐竜の島には二度と行かない!」と言っていたグラント博士ですが、実業家を名乗る男に誘われて、結局化石発掘の資金のために行くことになります。二度と行かないと言っていたのに、金のために判断を覆す。この“痛い目に遭う人のお手本”みたいな展開にはニヤニヤが止まりませんね。案の定、島の上空ガイドを頼まれたはずが、実はそうではなかった博士。なんと、アクシデントで恐竜の島に不時着した息子を非合法な方法で助けるための恐竜の専門家として強引に参加させられたワケですね。

上陸後はまさにジェットコースター!島の恐ろしさを甘くみていた救出チームはあっという間に救出される側となり、主力はどんどん脱落…。怖いですね。ハラハラですね。容赦のない展開の中、さぁどうするグラント博士!?


――本作の魅力は?

この作品の魅力は何と言っても…「家族」ですね。

遭難しているのは離婚した夫婦の子ども。喧嘩ばかりして別れた夫婦でも、子どもを助けるために協力します。子は鎹(かすがい)と言いますが、まさにそういった〝家族の在り方〟がテーマなんですね。ただ忘れてはいけないのが、恐竜側にも家族がいるということ。子ども達の餌のため、もしくは取られた卵を取り返すために彼らも手段を選びません。その本能は、恐竜と人間に共通するものかもしれません。そして研究者であるグラント博士が、「家族」たちに向ける眼差しや変化も注目です。


――本作で注目すべきシーンは?

恐竜の中で注目したいのはラプトル。会話をしたり協力したりできる、かなりの高い知能を誇る彼らが、いかに人間の前に立ちはだかるかも見ものです。名シーンも色々とあるんですが、特に注目のシーンは…着信音を使ったシーンです。今回は、島に持ち込まれた衛星携帯電話が重要な小道具となります。息子を探しに来た父親は、衛星を使った携帯電話を持っていて、男の子はこの着信音のおかげで親たちが近くにいるのがわかるんです。しかし、…実はこのシーン、とてもよく考えられた怖~いオチが待っています。ぜひご自身の目で確かめてください。


■『ジュラシック・パークⅢ』(2001 米) 本編ノーカット

今夜9時00分~10時54分

【ストーリー】

パラセイリングを楽しんでいた少年エリックと、彼の母親の友人は、事故により恐竜の生息区域“サイトB”と呼ばれるソルナ島に不時着したまま行方が途絶える。8週間後、古生物学者のアランと助手のビリーは、事業家を名乗るポールとその妻アマンダから、ソルナ島観光ツアーのガイドを依頼される。研究資金に困窮していたアランは、島の上空を飛行機で回るだけという条件で渋々それを受託することに。ところが、その約束に反し、夫妻は強引に飛行機を島に不時着させる。ポールたちの真の目的は、ソルナ島で行方不明となった息子エリックを探し出すことだったのだ。再び、恐竜たちの世界に足を踏み入れてしまったアランたちに、高い知能をもつラプトルや最大の肉食恐竜スピノサウルスらが容赦のない牙を剥く……。


■『ジュラシック・ワールド』(2015 米)本編ノーカット

7月22日(金)9時00分~11時24分 ※放送枠30分拡大

【ストーリー】

恐竜の謎と優れた特性を体験し、至近距離でふれあうことができる高級リゾート「ジュラシック・ワールド」。このパークのマネージメントに意欲満々の野心家クレアの元へ2人の甥っ子、16歳のザックと11歳のグレイが訪ねてくる。フリーパスを渡された2人は、ジャイロスフィアという360度周りが見渡せるアトラクションに乗って恐竜の間を回っていた。しかしその時、あまりの凶暴さゆえに隔離状態で飼育されていた、禁断の遺伝子組み換え大型恐竜「インドミナス・レックス」が逃亡し、ジャングルの奥深くへと姿を消す。それはパーク内のすべての生き物の命が危険にさらされていることを意味していた…。


■『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(2017 米)本編ノーカット

7月29日(金)9時00分~  ※拡大尺未定

【ストーリー】

あの大惨事から3年ーー

大人気テーマパーク「ジュラシック・ワールド」は放棄され、恐竜たちは大自然で自由に生活を始めていた。しかし、島では火山噴火の予兆がとらえられていた。迫り来る危機的状況の中、恐竜たちの生死を自然にゆだねるか、命を懸けて救い出すか。人間を救うためではなく、恐竜のための選択を迫られる。


『ジュラシック・パークⅢ』
TM & ©2001 Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

『ジュラシック・ワールド』
© 2015 Universal Studios and Amblin Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』
Jurassic World Fallen Kingdom: TM & © 2018 Universal City Studios Productions LLLP and Amblin Entertainment, Inc. All Rights Reserved.


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 11件)