福本莉子『TTFF 2022』GP受賞者の新作で主演 プロデューサー・北村匠海の直筆コメントも

映画・舞台 公開日:2022/06/02 7
この記事を
クリップ

ショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」と東宝株式会社は、今年で2回目となる映画祭『TikTok TOHO Film Festival 2022』を開催(5月12日(木)より動画作品の公募を開始)。このたび、グランプリ受賞者の新作短編映画に女優・福本莉子が主演することなどが発表された。



東宝とTikTokがタッグを組み、縦型の映画制作をきっかけに新たなクリエイターを発掘し映画業界を盛り上げる事を目的に開催される本映画祭。


このたび、今回の審査員就任が発表されたのは、樋口真嗣(映画監督)、佐久間宣行(TVプロデューサー)、首藤凜(映画監督/脚本家)、山之内すず(タレント/女優)、しんのすけ(TikTokクリエイター)、そして公式アンバサダーである磯村勇斗(俳優)といった映像業界の第一線で活躍する6名のプロフェッショナルたち。さらに、彼ら審査員に選ばれる事になるグランプリ受賞者の新作短編映画には第8回「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリに輝いた女優・福本莉子の主演が決定した。


スマートフォンの普及と共に、人々は様々なプラットフォームで動画コンテンツを手軽に制作・視聴できる時代となり、中でも“縦型動画だからこそ”の映像の世界を広げる新たな観点や技法の発見、その可能性は明日の業界をリードするクリエイターを刺激し続けている。これからの映像・映画業界をあたらしい方向へと動かすクリエイターと出会い、そしてその可能性を支援していくプロジェクトが『TikTok TOHO Film Festival』。


昨年公式アンバサダーを務めた北村匠海は、今回グランプリ受賞者の新作短編映画プロデューサーとして、東宝とともに制作に関わり、主演女優福本莉子と共に映画を盛り上げるという新人監督作品では実現不可能な超豪華な布陣。グランプリ受賞者の新作短編映画は、映像・映画業界から注目されること間違いないだろう。あわせて公開となった映画祭トレーラーでは、磯村のナレーションと共に前回のグランプリ作品を含めた珠玉の作品群が紡がれている。今回の映画祭では、いったいどんな自由で新たな可能性を秘めた作品たちに出会えるのだろうか?今から期待に胸が高まる。


<本イベント開催にあたってのコメント>
【グランプリ受賞者の新作映画へ出演:福本莉子(女優)】
この度、「TikTok TOHO Film Festival 2022」のグランプリを受賞した方に制作していただく、短編映画に主演することになりました。縦型の映像で皆さんが創り出す世界がどんなものになるのか、どんな方とご一緒できるのか、すごくワクワクしています。そして、私自身もその作品に主演できることをとても楽しみにしています!ぜひ、自由な発想で投稿してくださいね!たくさんのご応募、お待ちしております!

【グランプリ受賞記念作品 プロデューサー:北村匠海(俳優)】


磯村勇斗くんは、役者だけの目線じゃなくクリエイティブな感覚を持って現場に臨む仲間だと思っていて、バトンを繋ぐ後任は彼だと思いました。アンバサダーの立ち位置はこうして、各々が繋がりをきちんと持っている中でバトンが受け渡されていくのが、この映画祭の形だと思っています。また次磯村勇斗くんが誰にバトンを渡してゆくのかも楽しみです。また、第二弾ということで、前回より更にオリジナリティや縦型の映画の面白さが生かされた作品が沢山出てくることを楽しみにしています。何をしても良いんです。映画というエンタメがもっと自由で、チャレンジングなものになると良いなと思ってます。


《審査員》
【樋口真嗣(映画監督)】
さて。TikTok動画の審査を仰せつかりましたので、さっそくダウンロードをして老体に鞭打ちチャレンジしたら、背筋が肉離れを起こして寝たきりになってしまいました。どうやら別に私がやる必要はないらしいので、みなさんのタテ長の応募を楽しみにしています。

【佐久間宣行(TVプロデューサー)】
この度審査員に就任しました、テレビプロデューサーの佐久間宣行です。僕は作り手でもありますが、どちらかというとただのエンタメ好きです。その分、両方の立場から、今の映像界を変えてくれる才能を感じ取れると思っています。誰かが人生を変えるのをワクワクして待っています。

【首藤凜(映画監督/脚本家)】
審査員を務めさせていただきます、映画監督・脚本家の首藤凜です。あなたの脳を蹴破って生まれる縦型の世界!とっても楽しみに待っています。

【山之内すず(タレント/女優)】
昨年の「TikTok TOHO Film Festival 2021」の映像をTikTok 拝見し興味を持っていたので、このような素敵な機会を頂き光栄に思います。心動かされる映像作品に出会えることをとても楽しみにしております。

【しんのすけ(TikTokクリエイター)
第一回から引き続き審査員に就任しました、映画感想TikTokクリエイターのしんのすけです。この一年で縦型映像作品はより身近なモノになり、クリエイターの意識も大きく変わっているのを肌で感じます。本来もっと自由であるはずの「映画」という枠に縛られた人たちを解放するような作品に出会えることを楽しみにしています!



▼『TikTok TOHO Film Festival 2022 』トレーラー


▼『TikTok TOHO Film Festival 2022 』福本莉子のメッセージ



■『TikTok TOHO Film Festival 2022』開催・応募概要
【主催】TikTok、東宝株式会社
【募集期間】2022年5月12日(木)0:00~7月3日(日)23:59
【応募対象】13歳以上の方であればどなたでも参加可能です
※個人、グループは問いません
※応募にはTikTokアカウント登録が必要となります
※応募規約にご同意いただいた方
※授賞式及び新作映像制作に参加できる方

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)