“刑事”千葉雄大&“殺人鬼”成田凌が前作上回る気迫で熱演 話題呼んだ映画の続編が配信開始

映画・舞台 公開日:2022/06/01 4
この記事を
クリップ

千葉雄大主演のミステリー映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』が映像配信サービスdTVで配信スタートした。




本作は志駕晃の同名ミステリー小説を、『リング』シリーズの中田秀夫監督が映画化した映画『スマホを落としただけなのに』の続編。前作では、恋人がスマホを落としたことをきっかけに事件に巻き込まれていくヒロイン・麻美を北川景子が演じ、手に汗握る新感覚ミステリーが展開。登場人物たちの抱える闇を炙り出す先の読めないストーリー、何よりSNSや行動履歴などスマホから得られる情報を駆使して追い詰められるリアルな恐ろしさが大きな話題を呼んだ。


その続編となる『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』では、前作で連続殺人犯・浦野を追い詰めた刑事・加賀谷学が主人公。引き続き、加賀谷学を千葉雄大、浦野を成田凌が演じている。


麻美の事件は無事解決し、浦野が留置所に収監された数ヶ月後、かつて浦野が起こした連続殺人の現場から新たな死体が発見され、加賀谷は事件解決のため、なぜか自分に執着する浦野と歪なバディを組んで捜査を開始する。時を同じくして、今度は加賀谷の恋人・美乃里のスマホに誰かが仕込んだウイルスが美乃里のプライベートを暴き始め……。さまざまな人物の思惑や加賀谷の秘めた過去が絡み合い、最後に明かされる衝撃の結末とは。


続投となる千葉雄大と成田凌は、前作を上回る気迫でそれぞれ個性的なキャラクターを熱演。トラウマに苦しみながらも恋人を守るために奔走する加賀谷と、猟奇的なカリスマ性を発揮する浦野という対極の役を表現するふたりの存在感は必見。さらに、恋人の美乃里に白石麻衣、美乃里の上司に鈴木拡樹、キーパーソンとなる謎の人物に井浦新など豪華キャストの共演にも注目だ。

【関連】千葉雄大、白石麻衣を称賛「同じ役者として本当にかっこいい」


dTVでは、第1作『スマホを落としただけなのに』も配信中。ぜひ、この機会にシリーズをイッキ見にしてみては。


~あらすじ~
長い黒髪の女性ばかりを狙った連続殺人事件は、刑事の加賀谷(千葉雄大)が、連続殺人鬼の浦野(成田凌)を捕まえて幕を閉じた。と、誰もが思っていた--。犯人を捕まえたにも関わらず、同じ殺人現場から次々と発見される、若い女性の遺体。捜査が混迷を極める中、加賀谷は最後の手段として、囚われの殺人鬼・浦野への面会を申し込む。刑務所で自由を奪われた浦野は、かつて自分にネット犯罪の全てを教えた、謎の人物「M」の存在を明かし、自分ならMに近づくことができると加賀谷にささやく。仕方なく浦野と手を組むことにした加賀谷だったが……。



(C)2020映画「スマホを落としただけなのに2」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。