長谷川博己&綾瀬はるか『はい、泳げません!』心揺さぶるデジタルポスター解禁

映画・舞台 公開日:2022/05/31 7
この記事を
クリップ

2020年代を代表する大ヒット恋愛映画『花束みたいな恋をした』の製作プロダクション・リトルモアが届ける『はい、泳げません』は、泳げない男と泳ぐことしかできない女の、希望と再生の物語。NHK大河ドラマ『麒麟がくる』以降、初の主演作品となる長谷川博己が、頭でっかちな言い訳ばかりするカタブツな哲学者・小鳥遊雄司(たかなしゆうじ)を演じ、そんな主人公に水泳を教えるコーチ・薄原静香(うすはらしずか)を綾瀬はるかが演じる。いよいよ6月10日(金)に公開を控えた、大河ドラマ主演俳優の夢の映画初共演作に、期待が高まる。



大学で哲学を教えている小鳥遊雄司(長谷川博己)は、気鋭の哲学者として著書も出し学生からも慕われて、傍目には充実した日々を送っているように見えた。しかし、彼には人知れぬ悩みがあった。泳げない。そればかりか、水が怖い。


この度、そんな小鳥遊が水の中でコーチの薄原静香(綾瀬はるか)に抱きかかえられ、号泣しているかのような表情を見せるエモーショナルなデザインのデジタルポスターが解禁された。


5年前、かつて夫婦だった美弥子(麻生久美子)とともに、悔やんでも悔やみきれない出来事を経験した小鳥遊。スイミングクラブに入会し、少しずつ水への恐怖心が薄らぎ、泳げるようになってきた時、その断片的な記憶が水中でよみがえるようになる。泳ぎに真剣に向き合うほどに、癒えていない傷に苦しみを感じ始める小鳥遊に、自らもあるトラウマによって人知れず苦しみを抱える静香が、厳しくも献身的に寄り添う――。


本作で描かれた、悔やんでも悔やみきれない出来事とは。辛い出来事を想起させる感情を露わにした小鳥遊の姿に心を打たれ、優しく包み込む薄原に癒される。再生への第一歩を歩み出した姿にエールを送りたくなる、そんなデジタルポスターだ。



■映画『はい、泳げません』

6月10日(金)TOHOシネマズ 日比谷 ほかにて全国ロードショー

配給:東京テアトル、リトルモア

(C)2022「はい、泳げません」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 13件)