清野菜名×松坂桃李『耳をすませば』名シーンの数々を彷彿とさせる場面写真解禁

映画・舞台 公開日:2022/05/27 2
この記事を
クリップ

1989年、柊あおいが少女コミック誌『りぼん』(集英社)で発表した青春恋愛漫画『耳をすませば』。読書が大好きな中学生の女の子・月島雫が、夢に向かって生きる男の子・天沢聖司に想いを寄せていく健気な姿が共感を呼び、1995年、その名作漫画をスタジオジブリがアニメ映画化し大ヒットを記録。その後地上波でも度々放送され、青春映画の金字塔として多くの人々の胸に刻まれた。そんな伝説的漫画の実写化が決定し、10月14日に全国公開される。


この度、本作の第2弾ティザービジュアルおよび場面写真、また劇中歌情報と合わせ原作者のコメントが解禁された。


今回の実写映画では、漫画・アニメ映画で描かれた中学生時代の物語はもちろん、完全オリジナルストーリーの10年後の物語が加わった。大人になった月島雫を清野菜名が、天沢聖司を松坂桃李がW主演で演じ、中学生時代の二人には安原琉那、中川翼が抜擢された。監督はヒットメーカーの平川雄一朗が務める。

この度解禁された第2弾ティザービジュアルは、中学生時代の雫と聖司が自転車に乗って土手の上を走っているシーンと、10年後、二人が再び同じ場所に立ち、向かい合っているものだ。10年の月日が経ち、街の風景と同じく二人の関係にもどのような変化が起こったのか、思いを巡らせたくなるビジュアルとなっている。

合わせて、劇中の場面写真も初解禁。W主演の清野菜名、松坂桃李が演じた大人になった雫と聖司の姿だけでなく、中学生時代の二人を演じた安原琉那、中川翼の場面写真も解禁。名シーンの数々を彷彿とさせる場面写真だ。

【画像】解禁された場面写真&第2弾ティザービジュアル(全8枚)


さらに本作の劇中歌が『翼をください』であることが解禁された。日本とイタリア、離れて過ごす二人の想いに寄り添うような歌詞に合わせ、彼らの物語がどのように展開されていくのか、第2弾ティザービジュアルと合わせ、期待が高まるものとなっている。

また、本作の原作者である柊あおいからの期待コメントも到着。「『耳をすませば』を描いて33年、アニメ映画化から27年。映画を観て育ったスタッフの方々の熱い想いを伺って、「10年後の物語」という新しい切り口に興味を惹かれました」と実写映画化のオファーを受けた際の想いと共に、「どんな世界を見せてくれるのかドキドキワクワク見守る思いは、やっぱり親なのでしょうね」と原作者としての新しい物語への期待を込めたコメントが寄せられた。

<柊あおい コメント全文>

『耳をすませば』を描いて33年、アニメ映画化から27年。映画を観て育ったスタッフの方々の熱い想いを伺って、「10年後の物語」という新しい切り口に興味を惹かれました。今、新たな実写映画が生まれて、すっかり原作者の手を離れて歩いているキャラクター達が不思議です。けれども、どんな世界を見せてくれるのかドキドキワクワク見守る思いは、やっぱり親なのでしょうね。思わぬパンデミックで暗い世相になってしまいましたが、この映画で少しでも世界が明るくなればと願っております。


■映画『耳をすませば』

10月14日(金)全国公開
出演:清野菜名、松坂桃李/安原琉那、中川翼
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント/松竹

©︎柊あおい/集英社 ©︎2022『耳をすませば』製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 8件)