成田凌の“恋人”役と前田敦子の“夫”役が決定『コンビニエンス・ストーリー』コメント到着

映画・舞台 公開日:2022/05/25 5
この記事を
クリップ

成田凌前田敦子出演、三木聡監督の映画『コンビニエンス・ストーリー』(8月5日公開)の第2弾キャストが解禁された。異世界を取り巻く豪華個性派キャストが集結。前田敦子演じる惠子の夫・南雲役の六角精児と成田凌演じる加藤の恋人・ジグザグ役の片山友希からコメントが到着した。




コンビニエンス・ストア「リソーマート」で働く店員・惠子(前田敦子)の夫でコンビニオーナーの南雲役には『相棒』シリーズ、『素晴らしき世界』『大怪獣のあとしまつ』の六角精児。惠子と加藤との奇妙な三角関係を繰り広げる、束縛系変人夫役を怪演する。脚本家・加藤(成田凌)の恋人で女優のジグザグ役には『音量上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』『茜色に焼かれる』『フタリノセカイ』の片山友希。オーディションに体当たりで挑む女優を熱演する。三木監督作品に2度目の出演となる2人から本作へのコメントも到着した。


<六角精児 コメント>

僕は三木聡監督の独特のセンスを感じさせる演出を体現出来ることに喜びを感じます。今回の「コンビニエンス・ストーリー」では、いま勢いのある成田凌さん前田敦子さんらと共に「三木ワールド」をいい感じで漂っております。お楽しみに!


<片山友希 コメント>

大好きな三木聡監督にまた呼んで頂けて嬉しいです!「ジグザグ」役名を聞いた瞬間、大好きになりました。中学生の時に監督の作品を観て心躍った私がこうして出演できる喜びと緊張。不思議な感覚です。三木ワールド全開!あの日の私のようにくすくすと笑ってもらえたら嬉しいです。


また、脚本家・加藤が脚本を持ち込む映画会社の国木田役にふせえり、片山友希演じる女優のジグザグが出演する作品のプロデューサー・榊役には三木組常連の岩松了、監督役に名バイプレイヤーの渋川清彦。そのほか松浦祐也、BIGZAM、藤間爽子、小田ゆりえ、影山徹、シャララジマなど、多方面で活躍している個性豊かな顔ぶれが集結した。


豪華な実力派たちがそれぞれに超濃厚な存在感を発揮した本作は一体どんな作品になっているのか。三木ワールドの行方は喜劇か悲劇か。ぜひ自身の目で確かめてみよう。


【ストーリー】

絶賛スランプ中の若手脚本家・加藤(成田凌)。映画の企画を持ち込んでもまったく手ごたえがなく、悶々と悩む日々を過ごしている。恋人の愛犬・ケルベロスのペットフード「犬人間」を買いに出かけたはずが、ひょんなことから欲しいものがなんでも見つかるコンビニエンス・ストア「リソーマート」に迷い込む…。妖しげな人妻・惠子(前田敦子)と出会い、創作意欲が湧き始めるのだが・・・。コンビニ発、ちょっと異世界アドベンチャーへようこそ!


■映画『コンビニエンス・ストーリー』

2022年8月5日(金)テアトル新宿他全国公開

配給:東映ビデオ

(c)2022「コンビニエンス・ストーリー」製作委員会



▼成田凌と前田敦子の共演作

※本記事は掲載時点の情報です。