志尊淳 “ビンタシーン”カットされるも「現場で笑いを取れたならそれでいい」

映画・舞台 公開日:2022/05/24 9
この記事を
クリップ

映画『極主夫道 ザ・シネマ』の公開直前イベントが24日、都内にて開催された。玉木宏川口春奈志尊淳松本まりか滝藤賢一吉田鋼太郎稲森いずみ竹中直人が出席した。


おおのこうすけ原作の人気コミックを実写化し、2020年に放送されたドラマ『極主夫道』が映画化。最凶の極道から足を洗い、専業主夫の道を選んだ“不死身の龍”を玉木、その妻・美久を川口、龍の元舎弟・雅を志尊が演じる。


この日のイベントでは、豪華キャスト陣が浴衣姿で登壇。一堂に会した共演者に玉木は「これだけ力のある方々と一緒に作品を作れたということはすごくパワーになっているし、早くお客様に見ていただきたいなという思いでいっぱいです」と笑顔を見せた。


また「この数年は夏祭りにも行けていなかったので、こうして浴衣を着させていただいて気分だけでもすごく上がる。このまま夏を迎えて、さらに気持ちが高揚していけたらいいなと思っております」と久しぶりの浴衣を楽しんでいた。


川口は、紺色の浴衣に鮮やかな黄色の帯を合わせた涼しげなコーディネート。「久しぶりに着れてすごくテンションが上がっています。皆さん浴衣で凛としていて、『格好良いな』と見とれていました」とはにかんだ。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 49件)