町田啓太、トランペット演奏シーン「試練だった」自宅で布団にもぐり練習

映画・舞台 公開日:2022/05/23 12
この記事を
クリップ

俳優の町田啓太が23日、都内で行われた映画『太陽とボレロ』(6月3日公開)の東京プレミアに檀れい石丸幹二森マリア水谷豊監督とともに出席した。


水谷がメガホンをとった監督作第3弾で、クラシックのオーケストラが題材。存続危機にある地方都市のアマチュア交響楽団を舞台に、バラバラになった演奏者たちを1つにしようと奔走する主人公の花村理子の姿を描く。花村を演じる檀は映画初主演を飾る。


今回、トランペット奏者を演じた町田。トランペットは「小学校の鼓笛隊で少しだけ習ったことがある」ものの、撮影は“吹き替えなし”で行われたため1年以上練習を積んだ。「トランペットは音が大きいもので、家でどう練習しようかと思った。布団をかぶり、時にはマウスピースだけで練習していました」と苦笑しながら明かした。


演奏シーンは「試練だった」と町田。「実際に舞台で演奏するのですが楽屋では待機中にずっと練習していました。みなさんも練習していて、みんなでやろうという感じが出ていました。その時間が印象的でしたね。誰かが音を出したらみんなで合わせるみたいに練習していましたね」と必死だった現場を振り返った。


演奏シーンを舞台客席から見守っていた檀は、「触ったことのない楽器を触った人もいて、ゼロからのスタートだった。演奏を聞いて『この交響楽団はどこにも負けないんだぞ、すごいんだぞ』と叫びたいくらい、みなさんかっこよかったです」と出来栄えを称賛した。


町田は“水谷監督”の演出について聞かれると「アイデアを毎回現場でいただくんです。その時間が楽しくて。演出を考えて僕のところに言いに来る時、水谷さんは含み笑いをされながら近づいてくる。それに対して僕もなぜか笑っていて、2人で笑っていることが結構ありましたね。そのくらい楽しみだったし、毎回刺激だった。夢のような時間でした」と大先輩に感謝した。



映画の内容にかけて「ずっと好きなこと」を発表するトークコーナーでは、「いろんな感性に触れることが好き」とした町田。「いろんな現場に行くと絶対に思うことなのですが、出会いも楽しいですし、みなさんどんな感じで現場にいるのか、何を思うのか、作品を見たみなさんがどう思ってくれて、どんな感情になってくれるのか。それを知ったり触れたりするのが好き」と笑顔で話した。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 26件)