SKE48 松本慈子出演舞台 『キャッシュ・オン・デリバリー』 名古屋にて開幕

映画・舞台 公開日:2022/05/20 9
この記事を
クリップ

上質な翻訳劇を日本に紹介することを目的に2018年から1年に1本のペースで作品を発表しているユニット「SHY BOYプロデュース」第4弾公演『キャッシュ・オン・デリバリー』が20日、名古屋・ウインクあいち大ホールにて開幕した。


本作は2018年に上演し、好評を博した作品。2022年ver.はW主演に関西ジャニーズJr. 福井宏志朗奥村颯太、ヒロインにはSKE48チームSリーダーの松本慈子を迎え、名古屋・大阪にて上演される。


舞台はロンドン郊外、エリック・スワン(福井)の自宅。エリックには、妻のリンダ(松本)に⼤きな隠し事があった。2年前に勤め先をクビになって以来、嘘を駆使して社会保障手当を不正受給し、生計を立てていたのだ。 良心の呵責を感じ始めたエリックは、手当てを打ち切る方法を思いつく。


―でっちあげた人物をひとりずつ抹殺しよう―

ところがそこへ、社会保障省の調査員、ジェンキンズ氏(清水順二/30-DELUX

が訪ねてくる。2階の間借り人・ノーマン(奥村)を巻き込んで、どうにかごまかそうと嘘を重ねるエリック。ごまかせばごまかすほど嘘がこじれ、エリックとノーマンは窮地に立たされていく・・・


イギリスを代表する喜劇・笑劇作家、マイケル・クーニーの代表作でもある本作は、膨大なセリフ量、そして次々と変わるシチュエーション、騙し騙される面々・・・ハイスピード、ハイテンションで場面が展開されていく。福井・奥村はあちらこちらと動き回り、いっときも目が離せない。そして軽快なステップを踏みながら、さすが関西ジャニーズJr.と思わせるノリツッコミを惜しみなく披露する。SHY BOYシリーズではお馴染みの清水との激しいボディランゲージも見逃せない。今回が初舞台となる松本は少々気の強いリンダを熱演。どんどんヒートアップしていく姿をコミカル&キュートに演じる。


名古屋を拠点に活躍するBOYS AND MENの吉原は冷静沈着な葬儀屋をクールに演じながらも、騒動に巻き込まれ、慌てふためくギャップを魅せた。終始ドタバタで少しでも狂いが生じれば崩壊しかねない舞台だが、野坂実による緻密な演出と、田野聖子、椙本滋、谷口敏也(30-DELUX)、礒谷菜々、東てる美の安定の芝居が、舞台をしっかりと支え、骨太の舞台に仕上がっている。


終演後のカーテンコールでは福井が「稽古からここまであっという間に進んできました。このメンバーで最後まで頑張っていきます!」と熱くメッセージを送った。奥村は「この初日をスタートラインにまだまだ、まだまだ、クオリティを上げていきたいと思ってます!何度でも観に来てください!」と会場を盛り上げた。


終演後には取材会が開催され、福井宏志朗、奥村颯太、松本慈子、吉原雅斗、清水順二が登場。福井、奥村、松本は口を揃えて「楽しかった!!」と話し、福井は「楽し過ぎてテンションがどんどん上がって、想像以上に疲れました。自分の楽しさがお客様に伝わったら嬉しいです!」とコメント。奥村も「身体が軽くなった気がする。アクシデントもあったりして、それも舞台ならでは、ですよね。」と笑顔で話した。初舞台の松本は「全然緊張しなかったです!お客様が入ったら緊張するのかな。でも本当に楽しかったので、この雰囲気のまま続けられたら。」と本番を心待ちにしていた。舞台上では冷静沈着な葬儀屋を演じる吉原は「僕は(役の立場上)後ろから見てることが多いので・・・みんな楽しそうだなぁ、僕ももうちょっとワーキャーしたいなぁ、と思いながら見ていました。」と話した。


そんな4人の姿を見て清水は「僕はみんなの姿を見て嬉しく思ってました。きっかけが難しいこの芝居は無茶苦茶になる心配もあるんですが、みんなしっかりやっていたので感心しながら演じていました。」と話した。稽古場では若いメンバーが先輩の役者に質問をしたり、居残り稽古としてマンツーマン指導を受けることもあったという。

また今回は福井・奥村の拠点である関西。松本、吉原の拠点である名古屋での開催。清水は「エンタメは東京に集まることがほとんど。だからこそ地方からムーブメントを起こしていきたい。」と語り、メンバーも大きく頷いていた。


取材会は終始笑いに包まれ、まるでファミリーのような雰囲気。千穐楽までにますます絆も深まり、極上の仕上がりになりそうだ。名古屋・大阪まで足を運ぶ価値は十二分にあり。ぜひ劇場で大爆笑を。




※本記事は掲載時点の情報です。