間宮祥太朗 石井杏奈 矢本悠馬ら豪華キャスト共演『破戒』場面写真一挙解禁

映画・舞台 公開日:2022/05/19 8
この記事を
クリップ

1948年・木下恵介監督、1962年・市川崑監督と名だたる巨匠が映画化してきた島崎藤村・不朽の名作『破戒』。60年の時を経て、往年の名作が再び映画化され、7月8日(金)丸の内TOEIほかにて全国公開される。


主人公・丑松を気迫溢れる様子で演じ上げたのは、多彩な活躍が目覚ましい若手俳優・間宮祥太朗。自らの出自に苦悩し、そして最後にはある告白をする難役に気迫の演技で挑み、観る者を惹きつける。相手役・志保を演じるのは、若手女優の中でも特に演技への評価が高い石井杏奈。丑松に恋心を寄せつつも、なかなか思いを告げられない控えめな女性を演じる。悩める丑松を支える親友・銀之助役に、出演作のオファーが相次ぐ若手俳優・矢本悠馬。さらに、眞島秀和高橋和也竹中直人本田博太郎田中要次石橋蓮司大東駿介、小林綾子など日本映画界を代表する名優たちが顔を揃える。

脚本は『クライマーズ・ハイ』『孤高のメス』『ふしぎな岬の物語』で数々の受賞歴を誇る巨匠・加藤正人と、『バトル・ロワイアルII鎮魂歌』の木田紀生が担当。監督は『発熱天使』や『みみをすます』の前田和男。かつての名作を、2022年・現代最高レベルのキャスト・スタッフで映画化した。


そしてこの度、豪華キャストが共演する場面写真が解禁された。

【画像】解禁された場面写真(全15枚)


舞台は、まだ身分制度の影が残る明治後期。出自により、職業や住む場所を制限され、他の身分の人々との交際も許されず、不当に差別される時代。

瀬川丑松(間宮祥太朗)は、自分が被差別部落出身ということを隠して、地元を離れ、ある小学校の教員として奉職する。彼は、その出自を隠し通すよう、亡くなった父(田中要次)から「誰も信じるな。誰にも心を許すな。何があっても隠し通せ」と強い戒めを受けていた。彼は生徒に慕われる良い教師だったが、出自を隠していることに悩み、また、差別の現状を体験することで心を乱しつつも、下宿先の士族出身の女性・志保(石井杏奈)との恋に心を焦がしていた。

友人の同僚教師・銀之助(矢本悠馬)の支えはあったが、学校では丑松の出自についての疑念も抱かれ始め、丑松の立場は危ういものになっていく。苦しみのなか丑松は、被差別部落出身の思想家・猪子蓮太郎(眞島秀和)に傾倒していく。猪子は、差別を恐れず、被差別部落出身であることを公言して、思想書の執筆や政治活動を行っていた。


猪子宛に手紙を書いたところ、思いがけず猪子と対面する機会を得る。丑松は、猪子にならば自らの出生を打ち明けたいと思うのだが、結局猪子にすら、自分の出自を告白することができなかった。そんな中、猪子の演説会が開かれる。丑松は、「人間はみな等しく尊厳をもつものだ」という猪子の言葉に強い感動を覚えるが、猪子は演説後、政敵の放った暴漢に襲われる。この事件がきっかけとなり、丑松はある決意を胸に、教え子たちが待つ最後の教壇へ立とうとする。

本作の予告は、丑松の「なぜ好きな人に気持ちを伝えることが、できない」と苦悩のナレーションから始まる。「部落民という素性を隠せ」という父からの強い戒めを受け、身分を隠し教師となった丑松は、下宿先で士族の娘・志保と出会い、彼女への想いに心を焦がすようになる。誰にも自身の出自を明かすことのできない丑松だったが、「この世の矛盾に命懸けで切り込む人間を下等だというのなら、私は進んで下等な人間になります」と感情を剥き出しにする一面も。丑松が父の戒めを破り、切り拓こうとした未来とは――?

身分の違いに翻弄されながらも恋に落ちる丑松を、苦悩に顔を歪め大粒の涙をこぼし、気迫溢れる演技で体現する間宮から、一時も目が離せない。




■映画『破戒』

7月8日(金)丸の内TOEIほか全国公開
キャスト:間宮祥太朗 石井杏奈 矢本悠馬 高橋和也 小林綾子 七瀬公 ウーイェイよしたか(スマイル) 大東駿介 竹中直人 / 本田博太郎 / 田中要次 石橋蓮司 眞島秀和
制作協力・配給/宣伝:東映ビデオ株式会社

©全国水平社創立100周年記念映画製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 17件)