玉城ティナ、テスト撮影で志尊淳に嫉妬全開ビンタ?『極主夫道 ザ・シネマ』​メイキング公開

映画・舞台 公開日:2022/05/19 2
この記事を
クリップ

6月3日(金)に公開となる『極主夫道 ザ・シネマ』より、このたび志尊淳演じる雅と、玉城ティナ演じるゆかりとの恋の行方を占う本編&メイキング映像が公開となった。




2020年に高視聴率を記録したドラマ『極主夫道』(読売テレビ・日本テレビ系)。累計550万部の同名コミック(著:おおのこうすけ/新潮社バンチコミックス刊)を原作に、日本中を爆笑させた大人気ドラマが映画化し、『極主夫道 ザ・シネマ』として6月3日(金)に公開される。


数々の伝説を残した最凶の極道“不死身の龍(読み:たつ、玉木宏)”が、足を洗い選んだ道はなんと専業主夫。極道時代の外見や言動が抜けておらず、強面にグラサン、スーツの上に柴犬のキャラクターがプリントされたエプロンを身につけ、高すぎる主夫力で料理、洗濯、掃除など家事全般に命を賭け、時にはご近所のトラブルに奮闘。玉木宏が全身全霊、爆笑アクションを連発で演じる“史上最強の主夫”のキャラクターは腹筋崩壊の爆笑コメディとして日本中で話題に。2022年、笑いもスケールもパワーアップし、極主夫道が映画になって帰ってくる。


本作では、川口春奈が演じる龍の妻・美久(読み:みく)、志尊淳演じる龍の元舎弟・雅(読み:まさ)をはじめ、“史上最強の専業主夫”に負けない強烈なキャラクターたちがドラマから続投。さらに、吉田鋼太郎松本まりか安達祐実ら豪華ゲストが参戦、濃すぎるキャラたちが全力でふざけ倒し笑いを巻き起こす。映画ならではの”元極道の専業主夫”vs“イタリア風味のマフィア”のバトル、恋のバトルなども加わり、まさに笑いの頂上決戦が開幕する。


このたび、志尊淳演じる雅と、玉城ティナ演じるゆかりとの恋の行方を占う本編映像とメイキング映像が公開となった。純喫茶でアルバイトをしている大学生・ゆかりと雅の恋。テレビドラマでも何事にも⼀生懸命な雅が、塩対応のゆかりの気を引くため、ラッキーアイテムを身につけたり、「家事ができる人がいい」と聞いて龍に家事を教わるなど奮闘していたが、本作でふたりの距離は縮まるのか?


本編映像は、純喫茶でのある日の雅とゆかりのシーン。雅は龍と虎春(松本まりか)の仲を疑い、ゆかりに相談を持ち掛ける。「龍さんはそんな人じゃないと思う」と真剣に答えるゆかりを前に、雅が話すのは虎春のことばかり。「エロイのよ…」「醸し出しちゃってるのよ…オレ、なんか、コロッといちゃいそうな感じでさ」と脳天気で無邪気な雅に、突然ゆかりのビンタが炸裂。「イタッ!」と何が起きたかわからない雅は、さらに熱々のパンケーキの追い打ちに「アッツーー!!」と大絶叫。「気をつけてお食べください」という言葉とは裏腹に嫉妬の炎メラメラのゆかりの姿が映し出される。


続いてメイキング映像で、このシーンのテストの様子が公開。本番前に動きを細かく確認するテストでも、ゆかりを演じる玉城ティナは嫉妬全開で志尊にビンタを見舞う。本番と同じ本気モードに志尊は「イッテェ!テストー!」とその痛さに悶絶することに。が、「テスト、忘れてたよ」と返しながら玉城が熱々のパンケーキを持って演技を続けると志尊淳も「アッツー!」と応じるなど笑いに包まれた撮影現場となった。志尊は「本当にムカついたんだろうね」とゆかりの心情を演じきった玉城を思いやっている。雅の話にみるみる表情を変えて嫉妬するゆかり、それを感じとれない不器用な雅。この後展開されるふたりの物語も楽しみに待ちたい。


【About Movie】
龍(玉木宏)は、“不死身の龍”と呼ばれる伝説の極道だった。彼の存在は極道の世界で語り継がれていたが、足を洗って選んだ道はなんと専業主夫!極道時代の外見や言動が抜けておらず、強面にグラサン、スーツの上に柴犬のキャラクターがプリントされたエプロンを身につけ、高すぎる主夫力で料理、洗濯、掃除など家事全般に命を賭け、時にはご近所のトラブルに奮闘する。原作は累計550万部の大ヒット同名コミック。2020年にテレビドラマ化、21年にはアニメ化もされ話題となった、元極道の“史上最強の主夫”龍と、愉快な仲間たちの爆笑コメディが、ギャグもスケールも超パワーアップして映画化!



▼雅(志尊淳)とゆかり(玉城ティナ)との恋の行方を占う本編&メイキング映像




■『極主夫道 ザ・シネマ』
6月3⽇(金)全国の映画館で公開
【出演】
玉木宏
川口春奈 志尊淳
古川雄大 玉城ティナ MEGUMI 安井順平 田中道子 白鳥玉季
水橋研二 本多力 くっきー!(野性爆弾) 中川大輔 片岡久道/新川優愛 渡辺邦斗 猪塚健太 藤田朋子
安達祐実 橋本じゅん /松本まりか 滝藤賢⼀
吉田鋼太郎(特別出演)/稲森いずみ 竹中直人
【原作】
おおのこうすけ『極主夫道』(新潮社バンチコミックス刊)
【主題歌】
Creepy Nuts『2way nice guy』(ソニー・ミュージックレーベルズ)
【配給】
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

ⓒ2022「極主夫道 ザ・シネマ」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。