藤原竜也 石丸幹二 向井理ら登壇『ハリー・ポッターと呪いの子』製作発表レポート到着

映画・舞台 公開日:2022/05/17 4
この記事を
クリップ

TBS開局70周年記念として上演される舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』Sponsored by Skyの製作発表が5月17日(火)に上演会場となるTBS赤坂ACTシアターの舞台上にて行われた。



現在、イギリス、アメリカ、ドイツ、オーストラリアでロングラン上演中、そして5月末にはカナダでも開幕する本舞台だが、製作発表が舞台上で行われるのは世界でも初めてとのこと。会場には多くのマスコミが詰めかけ、本舞台への注目度の高さが伺えた。



TBS赤坂ACTシアターは本公演の実現のため、数か月にわたる改装工事を実施。この日、ハリー・ポッター劇場として生まれ変わった姿が初めてマスコミに公開された。劇中の魔法を実現するために、舞台上だけでなく、客席や地下、壁面などにも様々な仕掛けが施されている。その全貌はぜひ劇場で体感してほしい。


舞台上には、ハリー・ポッターファンには馴染み深いロンドンのキングス・クロス駅「9と3/4番線」のシーンのセットが飾られていた。ハリー・ポッターシリーズの最終巻『ハリー・ポッターと死の秘宝』は、ハリーの息子アルバスが「9と3/4番線」からホグワーツ魔法魔術学校に向かうところで終わるが、舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』はその続きから物語が始まる。ハリー・ポッターファンは、冒頭の舞台セットを観るだけで心躍ることは間違いない。


製作発表の司会を務めたのは、本舞台の応援大使の一人、日比麻音子TBSアナウンサー。ホグワーツ魔法魔術学校の4寮の1つ、スリザリンの緑色のマフラーとローブを着て登場した。まず冒頭、主催者の株式会社TBSテレビ代表取締役社長・佐々木卓と、株式会社ホリプロ代表取締役社長・堀義貴からの挨拶があり、公演にかける両社の意気込みが語られた。


そしていよいよ俳優陣が登場。登壇したのは、ハリー・ポッター役の藤原竜也石丸幹二向井理、ハーマイオニー・グレンジャー役の中別府葵早霧せいな、ロン・ウィーズリー役のエハラマサヒロ竪山隼太、アルバス・ポッター役の藤田悠福山康平、スコーピウス・マルフォイ役の門田宗大斉藤莉生、マクゴナガル校長役の榊原郁恵高橋ひとみの13名。

【画像】ハリー・ポッター役キャスト


全員がオーディションで選ばれた今回の俳優陣。各俳優がオーディションの思い出や、4月上旬から始まっている稽古の様子を語った。1か月以上、毎日を共にしているだけあってチームワークは抜群である。通常の稽古場ではセットが入りきらないため、稽古が巨大な映画の撮影スタジオで行われたことも語られた。毎朝全員参加で行われる身体訓練、作品を熟知する海外クリエイティブチームとのリハーサルの様子など、作品作りの裏話も次々と披露された。芝居と同時進行でイリュージョンの稽古が行われるという話は、数多くの魔法が飛び出す本公演ならではのことで興味深い。


演出補のコナー・ウィルソン氏から、プレビュー公演開幕まであと1か月に迫ったアジア初となる東京公演への抱負が語られた。舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』は、ハリー・ポッターシリーズの19年後、父親になったハリーとその息子アルバスを中心に描かれる新しい物語。世界中でロングラン公演が行われていることからも証明されるように、この舞台はハリー・ポッターファンのみならず、ハリー・ポッターに馴染みがない方でも十分に楽しめる作品となっている。世界最高峰の技術が詰まった珠玉の舞台がいよいよ日本で開幕する。


舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』のプレビュー公演は6月16日(木)~7月7日(木)。本公演は7月8日(金)に開幕する。10月~12月公演のチケットは、5月21日(土)10:00より先行発売、6月11日(土)10:00より一般発売される。チケットはTBSチケットまたはホリプロステージにて取り扱われる。


なお、TBSでは5月27日(金)と28日(土)のよる7時から、映画『ハリー・ポッターと死の秘宝』のPART1とPART2を2夜連続で放送する。両日とも、映画の後には舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』が一層楽しめるスペシャル番組も放送されるため見逃せない。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 6件)