松村北斗、神木隆之介との撮影中の仲良しエピソード明かす『ホリック xxxHOLiC』

映画・舞台 公開日:2022/05/03 3
この記事を
クリップ

松竹、アスミック・エースの共同配給作品として、映画『ホリック xxxHOLiC』(監督:蜷川実花)が4月29日より絶賛公開中。原作は、累計1400万部を突破している創作集団・CLAMPの伝説的大ヒットコミック。『ヘルタースケルター』『Dinerダイナー』の蜷川実花監督が、艶やかで華やかな圧巻ビジュアルで、今回初の実写映画化に挑む。


人の心の闇に寄り憑くアヤカシが視えることで孤独に生きてきた高校生:四月一日(神木隆之介)が、対価と引き換えにどんな願いも叶えてくれる【ミセ】(店)に迷い込み、ミセの女主人・侑子(柴咲コウ)と出会うことで、不思議な運命に足を踏み入れていく様子が描かれている本作。


この度、そんな本作の撮影の裏側を、SEKAI NO OWARIが歌う主題歌【Habit】にのせて大公開。蜷川監督と出演キャストの笑顔が溢れるメイキング映像となっている。「四月一日の神木です、お願いします」と神木隆之介のお茶目な挨拶から始まる映像は、ワイヤーに吊られながらおどけたり、四月一日の同級生・百目鬼役の松村北斗とカードゲームを楽しんだりと、インタビューで「楽しいですね。監督の世界の中にいれるのが凄く幸せです」と神木が語るほど、明るく伸び伸びとした雰囲気の撮影現場だったことが伺える。

また、侑子を演じた柴咲コウは「こんな量の藤の数見たことない」とミセのセットを前に驚きを隠せない様子。続けて、真剣な表情で弓を射るシーンや四月一日をお姫様抱っこするシーンを演じた松村は「体力は持っていかれますね。そのあと神木くんと二人で焼肉をたらふく食べました」と撮影中の仲良しエピソードを明かす。さらに四月一日と同級生・ひまわりを演じた玉城ティナも「こんなにカメラが回っていないところで笑っている現場って少なかったな」と話すほど、笑顔にあふれた撮影現場だった。

一方で、今回激しいアクションにチャレンジすることとなった女郎蜘蛛役の吉岡里帆とアカグモ役の磯村勇斗。吉岡は自身の演じたキャラクターについて「ド悪女ですよね。めっちゃ頑張んないとなって思っていました」とセクシーに見える所作や、敵役として存在感を持って四月一日・侑子に対峙するためにアクションにも力を入れた事を明かしている。また磯村もワイヤーを使った激しいアクションにチャレンジしており「ワイヤー吊りとか体を使うところもあって燃えましたね」と撮影現場での挑戦を振り返る。

映像後半にはSEKAI NO OWARIの主題歌『Habit』が流れる中、真剣な表情でワイヤーアクションや弓神事に取り組む神木と松村の姿、ワイヤーに吊られ宙から降りてくる柴咲の妖艶で真剣な姿とは対照的に、キャストたちが撮影の合間におどけてはしゃぐ微笑ましい姿も次々と映し出され、撮影を心から楽しんでいる様子が見て取れる。そして最後には神木、柴咲、松村、玉城、蜷川監督が並んで「カット!」とカチンコを鳴らし、和やかムードの中でのクランクアップした場面も確認することができ、蜷川組全員が力を合わせて撮影最終日まで駆け抜けた様子が伝わる映像となっている。


■映画『ホリック xxxHOLiC

絶賛公開中
出演:神木隆之介 柴咲コウ 松村北斗 玉城ティナ 趣里DAOKO モトーラ世理奈 磯村勇斗 吉岡里帆
配給:松竹 アスミック・エース

©2022映画「ホリック」製作委員会 ©CLAMP・ShigatsuTsuitachi CO.,LTD./講談社


▼映画『ホリック xxxHOLiC』メイキングPV

※本記事は掲載時点の情報です。