BE:FIRST・RYOKIが“最悪の男”に『HiGH&LOW THE WORST』続編、新キャストなど解禁

映画・舞台 公開日:2022/04/21 14
この記事を
クリップ

2022年9月9日(金)に全国の劇場で公開される、映画『HiGH&LOW THE WORST』の続編。タイトルが『HiGH&LOW THE WORST X』(読み:「X」=クロス)に決定し、新たなキャスト情報が明らかになった。さらに、本編映像初解禁となる特報映像とティザービジュアルなども解禁された。



本映画はシリーズ累計観客動員556万人・興行収入78億円突破、男たちの友情と熱き闘いを様々なメディアで描く『HiGH&LOW』シリーズと、累計8000万部突破・不良漫画の金字塔『クローズ』『WORST』(原作・髙橋ヒロシ)の、2大最強コンテンツ・クロスオーバー作品。


前作では、『HiGH&LOW』シリーズの舞台・SWORD地区の「O」を担う“漆黒の凶悪高校”鬼邪(おや)高校と『クローズ』『WORST』の舞台・戸亜留(とある)市内で幹部以外スキンヘッドの“殺しの軍団”と恐れられる鳳仙(ほうせん)学園が激突し、まさに「最強×最強」の闘いが繰り広げられた。


続編である『HiGH&LOW THE WORST X』では、川村壱馬THE RAMPAGE)演じる花岡楓士雄(はなおかふじお)が頭をはる鬼邪高の前に、エンジ色の学ランを着た“血の門”と呼ばれる瀬ノ門(せのもん)工業高校が最強最悪の敵として立ちはだかる。鬼邪高を潰すため、金をちらつかせSWORD地区の鎌坂(かまさか)高校と江罵羅(えばら)商業高校を傘下に加え、三校連合を結成した瀬ノ門が鬼邪高に急襲をしかけることで、戦いの火蓋が切られる。さらに、かつて鬼邪高と激突した鳳仙や、前作でもその存在が噂されていた、戸亜留市内で“カラスの学校”と恐れられる鈴蘭(すずらん)男子高校も動き出し、かつてないスケールで贈る、シリーズ史上最大の頂上決戦が、繰り広げられる。


そんな最新作の本格始動にあわせて、瀬ノ門のキャスト情報が解禁。さらに、本編映像初解禁となる特報映像とティザービジュアル、鬼邪高・瀬ノ門のチームビジュアルも解禁となった。


瀬ノ門最強の男・須嵜亮(すざきりょう)役は、日本・韓国・アメリカ・カナダと多国籍のメンバーで構成され、抜群のパフォーマンス力と表現力、そしてセンスの高い楽曲が世界中で評価されている男性ダンス&ヴォーカルグループ・NCT 127のメンバー・YUTA中本悠太)が演じる。2020年3月に韓国で発売した『NCT #127 Neo Zone』は全世界で140万枚以上売り上げ、米ビルボード各種チャートに連続チャートインを継続するなど世界的な人気を誇るグループのメンバーであり、Instagramのフォロワー数が800万人(4月19日時点)を超え、日本人男性の中でフォロワー数が第1位と爆発的な人気を誇るYUTAが満を持して日本で映画初出演を果たすこととなる。


また、瀬ノ門の頭として君臨し、鬼邪高を潰すためには手段を選ばない最悪の男・天下井公平(あまがいこうへい)役を、SKY-HI主催で日本テレビ『スッキリ』でも放送されていたボーイズグループ発掘オーディション『THE FIRST』から誕生したアーティストグループBE:FIRSTのメンバー・RYOKI三山凌輝)が演じる。5月18日にCD発売となるBE:FIRSTの楽曲『Bye-Good-Bye』は、日本テレビ『ZIP!』内の朝ドラマ『サヨウナラのその前に』の主題歌にもなり、YouTube公開から2週間経たずに動画再生数1000万回を突破、さらにデビュー曲『Gifted.』に続き、ビルボード及びオリコンランキングで1位を獲得するなど話題沸騰中のアーティストでありながら、俳優としても活躍する三山の演技に期待が高まる。さらに、天下井に仕える瀬ノ門の砂防天久(さぼうあまひさ)、通称サボテン役を永沼伊久也、津田沼(つだぬま)役をLDH所属のコーラスグループDEEP SQUAD比嘉涼樹が演じる。


“THE RAMPAGE×NCT 127×BE:FIRST”と超人気グループの最強アーティストたちの奇跡のクロスオーバーが実現し、大きな話題を呼ぶこと間違いなしの顔ぶれが揃った。


解禁された特報では、楓士雄ら鬼邪高と須嵜・天下井ら瀬ノ門の、拳と魂、運命が激突[クロス]する熱い姿が映し出されている。さらに、お馴染みの鳳仙メンバーや鈴蘭の校章を背負った男が映し出され、各校がこの闘いにどのように関わっていくのか期待が高まる映像となっている。


さらに楓士雄と須嵜の熱い眼差しが交差する、緊張感溢れるふたりの表情が印象的なティザービジュアルも解禁。ふたりの背景には、鬼邪高のイメージカラー「青」と、瀬ノ門のイメージカラー「赤」が対照的に使われており、中心部には鬼邪高メンバーと瀬ノ門メンバーが映し出され、今にも激突しそうな大迫力のビジュアルとなっている。「上も下もない。テッペンになれ。」という胸がアツくなるコピーも相まって、鬼邪高VS瀬ノ門の史上最大の頂上決戦に胸が高鳴る。


果たして、鬼邪高と瀬ノ門の決戦の行方はどうなるのか、そして、鳳仙と、鈴蘭が、今作ではどのように物語に関わっていくのか。今後、順次解禁予定の鎌坂、江罵羅、鳳仙、鈴蘭の新キャストにも期待が高まる。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 3件)