玉木宏、役作りで1日1.2キロの鶏胸肉 ストイックすぎる役作りに“神”と呼ばれる

映画・舞台 公開日:2022/04/19 3
この記事を
クリップ

映画『極主夫道 ザ・シネマ』(6月3日公開)の試写会イベントが19日、都内で行われ、主演の玉木宏のほか共演の川口春奈MEGUMI竹中直人が出席した。


原作はおおのこうすけ氏による人気マンガで、単行本は累計550万部超。数々の伝説を残した最凶の極道“不死身の龍(読み:たつ)”が、極道から足を洗い専業主夫の世界で奮闘する姿を描いたコメディー。2020年に玉木宏主演で連続ドラマ化し、映画はキャスト続投で制作される続編となる。

映画制作決定を聞いた瞬間について、龍を演じた玉木は「まさか映画になるとは当初はびっくり。想像していなかった」と驚き。「ドラマに比べてスケールアップしている。まだ窮屈な世の中が続いているので、少しでも忘れられる内容になっていると思う」と胸を張った。


龍の妻・美久役の川口も、映画化に「うれしかったです。またみんなに会えるんだ、この世界観に浸れるんだって。やっぱり現場に入ってからも楽しかったし、あっという間でした」と笑顔で語った。


映画でカーチェイスシーンに挑戦した玉木。ほかの撮影はほぼ1日で終わる中、カーチェイスだけ「細かくやって3日間かかりました」という。また「スタントなし」で演じており、「楽しみにしていただければ」と呼びかけた。


川口とMEGUMIはワイヤーアクションの撮影があったが、「本当にひどかったですよね。私たちの扱い、ひどかった!疲れMAXのところでワイヤーアクション撮影があったので、扱いがひどかった。寝ていましたからね、スタッフ」と川口。MEGUMIも「ケータイ見ている人もいた(笑)。女性としてあってはならないところが筋肉痛になりましたよね〜」といい、2人で過酷な撮影を嘆いた。


タイトルにかけて、最近極めていることを「極◯◯道」として発表するトークコーナーでは、玉木が「極鶏胸肉道」と紹介した。「龍を演じるにあたって原作のような体つきにしたいという思いがあって、連ドラのときに体づくりから始めようと思った。トレーニング方法が変わって、映画のときは鶏胸肉を1日1.2キロ食べた。炭水化物をほぼ摂らずに食べていました」と告白。「鶏胸肉は焼くと純粋にすごく硬くなるから、前の日に低温調理器に入れて次の日に現場に持っていって食べていた」と意識的にタンパク質ばかり摂取していた。



MEGUMIは「すごいですよ。主演で忙しいのにジムにも朝6時くらいから週3も行って、それで鶏肉を食べている。めちゃめちゃストイック!私は“玉木神(たまきしん)”と呼んでいます」と崇めていた。


また、川口は「極体力づくり道」とし、「本当に運動嫌いだし、体力がない。1駅歩くだけでハァハァしちゃう。最近はトレーニングをしようと、体力づくりを頑張っております。ジムは、週2は頑張りたいなと思っているところ」と明かした。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 30件)