山田涼介主演『鋼の錬金術師 完結編』最終決戦に期待高まる新ビジュアル解禁

映画・舞台 公開日:2022/04/19 3
この記事を
クリップ

映画『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー』が5月20日(金)に、そして6月24日(金)には、映画『鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成』が全国公開される。

この度、4月22日(金)より『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー』のムビチケカード、4月29日(金・祝)より『鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成』のムビチケカードの発売が二週連続で決定し、そのビジュアルが解禁となった。


2001年に月刊『少年ガンガン』(スクウェア・エニックス)で連載が開始するや、魅力的なキャラクター、緻密に練られたストーリー、圧倒的で唯一無二な世界観で、超人気漫画となった『鋼の錬金術師』。2021年に連載開始20周年を迎え、新プロジェクトとして、5年ぶりとなる実写映画が発表されたばかり。2017年12月に1本目の実写映画『鋼の錬金術師』が公開され、興行収入約12億円の大ヒットを記録。続編となる今回の実写映画では、二部作で原作の感動の最終話までを描き切る堂々の完結編となっている。


主演は前作に引き続きHey! Say! JUMP山田涼介が務め、主人公で“鋼の錬金術師”の二つ名を持つ国家錬金術師エドワード・エルリックを演じ切る。また本田翼をはじめ、ディーン・フジオカ蓮佛美沙子本郷奏多らが続投。そして本作から登場する新キャストに、内野聖陽新田真剣佑舘ひろし渡邊圭祐黒島結菜山本耕史栗山千明山田裕貴ら豪華俳優陣が名を連ねる。


今回解禁されたムビチケのビジュアルは2種類。『復讐者スカー』のムビチケビジュアルは降りしきる雨の中、右腕の機械鎧(オートメイル)を破壊されて、愕然とした表情で膝をつくエドと、その奥で鎧の身体を破壊されて倒れこむアル。国家錬金術師に復讐を誓う“傷の男”スカーの圧倒的強さの前に傷だらけになった兄弟が描かれている。


そして、今回初解禁となった『最後の錬成』のムビチケビジュアルは、“真理”から出てくる無数の黒い手と、ぼろぼろになりながら決意の表情を浮かべるエドの姿が描かれている。エドとアルの兄弟は、かつて錬金術の禁忌である“人体錬成”を行い、その代償として“真理”に身体を持っていかれてしまった。今回の『最後の錬成』で、兄弟二人は再び”真理”と対峙することになるのか?そして、身体を取り戻すことができるのか?



今回の”完結編”の二部作では、壮大な原作のストーリーが最後まで描かれることが既に発表されていたが、今回解禁となった『最後の錬成』のムビチケビジュアルからも、その結末がどのように描かれるのか、さらに期待が高まる。二部作の一作目である『復讐者スカー』では、かつて国軍によって滅ぼされた故郷のイシュヴァールの復讐のために、全ての国家錬金術師の抹殺を誓う男”傷の男”スカーがエドの前に立ちはだかる。すべてを破壊する圧倒的なスカーの強さの前に、エドとアルも絶体絶命のピンチに…。


そして、その復讐の裏にある、かつて軍が犯した凄惨な過ち、そして国の抱える秘密も明らかになることで、事態は急展開を迎える。二作目の『最後の錬成』は、ホムンクルスの生み親であり、全てを消し去ろうとする最後の敵”お父様”と、エドとアルの父親であるヴァン・ホーエンハイムの長きに渡る因縁、エドとアル、そして仲間たちが、“お父様”との最終決戦に挑む原作のクライマックスシーンなど、まさに”完結編”というタイトルの通り、感動の最終話までを大迫力の映像とスケールで描き切る。最終決戦の果てに、求め続けた身体と引き換えにエドとアルの兄弟が下す決断とは。物語の完結へと突き進む未来をかけた最後の闘いにぜひご期待いただきたい。


映画『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成』ムビチケカード発売情報

●発売開始:

4月22日(金)より『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー』

4月29日(金・祝)より『鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成』

●販売場所:全国の上映劇場(※一部劇場を除く)

●料金:一般券1枚1,500円(税込)

※数量限定につき、無くなり次第発売終了とさせていただきます。

※特典はつきません。

※ムビチケカードは、各作品の公開日前日までの販売となります。


『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成』

『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー』5月20日(金)公開

『鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成』6月24日(金)公開

配給:ワーナー・ブラザース映画

©2022 荒川弘/SQUARE ENIX ©2022 映画「鋼の錬金術師2&3」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。