『シン・ウルトラマン』最新特報、米津玄師 主題歌『M八七』解禁

映画・舞台 公開日:2022/04/15 3
この記事を
クリップ

先日、映画『シン・ウルトラマン』と米津玄師のコラボレーションが報じられ、大きな話題となるなか、主題歌として書き下ろした、米津玄師『M八七』(エム ハチジュウナナ)が、最新特報映像で初公開となった。


特報映像に映し出されるのは、飛び立つウルトラマン、巨大不明生物【禍威獣】(カイジュウ)、そして動き出す政府と禍特対(カトクタイ)、さらには新たに登場した“外星人”の存在…! 初公開となる米津玄師の主題歌に載せて、新たな情報がふんだんに散りばめられた映像になっている。


さらに長尺の82秒間の予告映像が、4月15日(金)より全国の映画館において上映、4月16日(土)より大阪・あべのハルカス美術館で開催される「庵野秀明展」においても上映されることが決定。また、あべのハルカスでは、16階と60階「天上回廊」をつなぐ専用エレベーター内のBMGとして「M八七」が採用されることとなった。


そして、ニューシングル『M八七』(5月18日発売)の収録曲と、商品形態も発表された。

収録曲は、『M八七』を表題とし、PlayStation® CM曲の『POP SONG』と、新曲『ETA』の3曲を収録。パッケージは、「ウルトラ盤」「映像盤」「通常盤」の3形態での展開となり、いずれも初回限定となる。「ウルトラ盤」は、リフレクターケースに、レーザーカプセルが同梱される特殊仕様。「映像盤」は、シルバーのデジパックにDVDが付属。「通常盤」は、紙ジャケ仕様となっている。


映像盤にのみ付属するDVDには、『POP SONG』『Pale Blue』『死神』のミュージックビデオの他、『POP SONG』に効果音を載せたSound Effectバージョンと、8bit Teaserの5作品が収録される。合わせて、法人特典は、「M八七 ミラーステッカー」に決定した。是非手に取って、楽曲の世界観をより楽しんで頂きたい。


Ⓒ2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 ©️円谷プロ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)