舞台『呪術廻戦』配役&ビジュ解禁 虎杖悠仁役は佐藤流司、珍しい短髪役に「俺似合うな」

映画・舞台 公開日:2022/04/14 9
この記事を
クリップ

人気マンガ「呪術廻戦」を原作とした舞台『呪術廻戦』のキャストが14日、発表され、主人公の虎杖悠仁は佐藤流司が務めることが決定した。13日、都内で行われた制作発表会にキャスト7人が登壇し、作品やキャラクターにかける思いを語った。


【画像】キャラソロビジュアル&制作発表の写真を全部見る



佐藤は「大きな作品で主演をやらせていただけることが光栄。身体能力が高い役なので、本番に向けて体も鋭意制作中。ひたすら食べて鍛えるということをやっている。ご期待ください!」と胸を張ってアピールした。


佐藤は「虎杖悠仁(いたどりゆうじ)と佐藤流司(さとうりゅうじ)は名前が似ている。あと宮城県出身なのも一緒。身長もほぼ一緒。身体能力が高いのが特徴ですが、自分もスタミナに関しては自信がある。共通点は多いのかな」とコメント。また「短い髪の役がいままでになくて、短いの俺似合うなって……」と自画自賛すると、七海建人役の和田雅成が「てめぇで言うな!!」とすかさずツッコんで会場を笑わせた。


また、伏黒恵役に決まった泰江和明は「この役をどうしてもやりたかった。芝居やアクロバットなど自分ができることを全部披露して、結果ここに立てていることに感謝しかない。カンパニーのみなさんとともに愛される作品にしていきたい」と意気込み。

釘崎野薔薇役の豊原江理佳は「野薔薇ちゃんに決まったときからずっと夢見心地。かっこいい野薔薇ちゃんが私にできるのか不安もありますが、不安も力に変えて挑戦したい。今回の舞台でアクションも初挑戦します」と気合を入れた。



『呪術廻戦』は2018年から『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の芥見下々氏による人気マンガ。人間の負の感情から生まれる呪いと、それを呪術で祓う呪術師との闘いを描く。単行本はシリーズ累計発行物6500万部を突破し、2020年10月から21年3月まで放送されたテレビアニメも深夜アニメながらも高視聴率を記録。21年12月24日に封切られた『劇場版 呪術廻戦0』は興行130億円を超えるなど社会現象となっている。


会見に参加した『週刊少年ジャンプ』の中野博之編集長は「呪術廻戦は2.5次元にぴったりな作品。バトルや領域展開がどう表現されるのか」と期待。この日解禁されたメインビジュアルとキャラクタービジュアルを見て「2.9次元くらいにきた」と太鼓判を押していた。


舞台は7月15日から31日まで東京の天王洲 銀河劇場、8月4日から14日までメルパルクホール大阪にて上演される。佐藤は「負の感情を劇場まで持ってきてください。ふっ飛ばしますから!」と呼びかけた。


取材記事こちらも(制作発表会の他の写真あり)


■解禁された舞台『呪術廻戦』キャスト一覧

虎杖悠仁…佐藤流司

伏黒恵…泰江和明
釘崎野薔薇…豊原江理佳

禪院真希…高月彩良
狗巻棘…定本楓馬
パンダ…寺山武志

七海建人…和田雅成
伊地知潔高…田中穂先
家入硝子…石井三絵子

真人…太田基裕
吉野順平…福澤希空(WATWING

夏油傑…藤田玲
漏瑚…山岸門人
花御…南誉士広

両面宿儺…五十嵐拓人

五条悟…三浦涼介


(C)芥見下々/集英社・舞台「呪術廻戦」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 24件)