清野菜名×松坂桃李『耳をすませば』公開日が10月に決定、世界観を忠実に再現した特報映像も

映画・舞台 公開日:2022/04/13 3
この記事を
クリップ

1989年、柊あおいが少女コミック誌『りぼん』(集英社)で発表した青春恋愛漫画『耳をすませば』。読書が大好きな中学生の女の子・月島雫(つきしましずく)が、夢に向かって生きる男の子・天沢聖司(あまさわせいじ)に想いを寄せていく健気な姿が共感を呼んだ。


1995年、その人気漫画をスタジオジブリがアニメ映画化し、大ヒットを記録。その後地上波でも度々放送され、青春映画の金字塔として、多くの方々の胸に刻まれている。そんな人気漫画原作を元に、新たな実写映画が誕生することを2020年1月に発表すると、SNSのトレンドに複数の関連ワードがランクインするなど、当日の話題を席巻するほどの大反響となった。


今回の実写映画では、漫画・アニメ映画で描かれた中学生の物語はもちろん、完全オリジナルストーリーの10年後の物語が加わり二重構造で描かれる。また、大人になった月島雫を清野菜名が、天沢聖司を松坂桃李がW主演で演じ、ヒットメーカーの平川雄一朗がメガホンを取る。

そしてこの度、本作の世界観を忠実に再現した特報映像とティザービジュアルが完成した。

特報映像では、ファンにはお馴染みの『地球屋』『図書カード』や『自転車』、本作の象徴的なキャラクター『バロン』が登場。中学生の時に交わした約束と、大人になったいま、日本=イタリア(海外)と離れ離れになりながらも、お互いを想い続け夢に向かって突き進む様を、前後半に分けて表現。映像の最後には弦楽器の音色も流れ、本作への期待が更に高まる内容となっている。また、ラストのナレーション(タイトル)では、アニメ映画で月島雫の声を担当した声優・本名陽子がその一言に想いを乗せ、情感たっぷりと語りかける。

一方のティザービジュアルでは、『地球屋』で変わらずに二人をずっと見守り続ける『バロン』の後ろ姿と、彼が見つめるその先に10年の成長を描き、ノスタルジックで、エモーショナルな雰囲気を漂わせている。


また、公開日も10月14日(金)に決定。いよいよこの秋、新たな『耳をすませば』が誕生する。更に追加キャストとして、中学生の月島雫を安原琉那が、天沢聖司を平川組三度目となる中川翼が演じることも発表された。実写映画『耳をすませば』に乞うご期待。


■映画『耳をすませば』

10月14日(金)全国公開
出演:清野菜名、松坂桃李/安原琉那、中川翼
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント/松竹

©︎柊あおい/集英社 ©︎2022『耳をすませば』製作委員会


▼映画『耳をすませば』特報

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)