吉岡里帆、初主演舞台で童話に迷い込む「可愛らしい世界観の中にもどこか奇妙な空気が」

映画・舞台 公開日:2022/04/12 6
この記事を
クリップ

パルコ・プロデュース2022『スルメが丘は花の匂い』が、7月22日(金)~7月31日(日)東京・紀伊國屋 サザンシアター TAKASHIMAYAにて上演される。8月には大阪ほか6ヶ所を巡演する。本作の作・演出を手掛けるのは、岩崎う大かもめんたる)。2013年にキングオブコントで優勝した実力派コント師でありながら、自身が主宰する『劇団かもめんたる』の作品『GOOD PETS FOR THE GOD』(2019年)と『君とならどんな夕暮れも怖くない』(2020年)が、岸田國士戯曲賞候補作にノミネートされるなど、劇作家・演出家としても近年注目を集める岩崎が、本作を書き下ろした。岩崎がプロデュース公演の作・演出を手掛けるのは、今回が初となる。




今起用したい女優 吉岡里帆

主人公・縁緑(えにしみどり)を演じるのは、吉岡里帆。2020年には映画『パラレルワールド・ラブストーリー』、『見えない目撃者』で第43回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、昨年は、『The Stars My Destination/星を継ぐ者』で第7回ミラノ国際映画祭(Milan IFF)のコンペティション部門で、最優秀主演女優賞を受賞、今年5月には主演映画『ハケンアニメ!』の公開も控え、舞台でも、『FORTUNE』(2020年)や劇団☆新感線『いのうえ歌舞伎「狐晴明九尾狩」』(2021年)ほか、その高い演技力で話題作への出演が続いている。今起用したい女優No.1の呼び声も高い吉岡が、本作で満を持して舞台初主演に挑む。岩崎う大とのタッグにも注目だ。



童話の登場人物が生まれる不思議な世界

幸せとは何か、価値観の違う者同士が共存するにはどうすればよいか、という普遍的テーマに触れた、唯一無二「岩崎う大流」ファンタジー・コメディー。シンデレラや浦島太郎など童話の登場人物が生まれる不思議な世界に迷い込んでしまった、会社員の縁緑(吉岡里帆)。緑は『スルメ姫』という物語の主人公として生まれた少女クロエと出会う。緑の登場により混乱していく『スルメ姫』の物語。物語を成立させようと必死な登場人物たち。一体どんな結末を迎えるのか、果たして緑は元の世界へ戻ることができるのか。


劇団かもめんたるの過去公演では宇宙人、未来人、ヒューマノイドと、現代人の“外”からの視点で「人間」が描かれてきた。本作は、童話の世界を舞台に、少女たちの交流が描かれる唯一無二の「岩崎う大流」ファンタジー・コメディー。主演は吉岡里帆。共演は注目の若手俳優から、バイプレイヤーまで、個性派俳優陣。


伊藤あさひ、鞘師里保らと共演

クロエの幼馴染であるトムと王子の2役には、『快盗戦隊ルパンレンジャー VS 警察戦隊パトレンジャー』にて主演・ルパンレッドを務め、映画『私がモテてどうすんだ』やドラマ『俺のスカート、どこ行った?』、『4分間のマリーゴールド』など話題作へ出演し、連続テレビ小説『エール』でさらに注目度を高めた俳優 伊藤あさひ


皆にスルメ姫と呼ばれているクロエ役には、モーニング娘。在籍時に絶大な人気を集め、N.Y.留学を経て芸能活動を再開した2020年以降、音楽朗読劇『黑世界』で主演、2021年には2枚のミニ・アルバムをリリースし、1stツアーも開催。そして4月からはNHK 高校講座『英語コミュニケーション 1』、テレビ朝日『俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?』への出演が決まるなど、ますます活躍の場を広げている、鞘師里保。クロエの父、ハンス役は岩崎う大が務める。


クロエの幼馴染でトムの姉・ジーノを演じるのは、2021年11月よりABEMAで配信中の『私の年下王子さま』でも話題を集め、春からNHK『正直不動産』関西テレビ『恋なんて、本気でやってどうするの?』に出演する女優の牧野莉佳。


クロエの母・レベッカ役には、ドラマ『珈琲いかがでしょう』や『婚活探偵』、映画『リスタート』など数々の作品に出演している劇団かもめんたるのもりももこ。旅人役に、『宇宙人はクラゲが嫌い』や『根の張る方へ』、『市民プールにピラニアが出た!』など劇団かもめんたる作品に欠かせない小椋大輔。スルメが丘に住む預言者・ノバ役には、ドラマ『時効警察』シリーズ、『健康で文化的な最低限度の生活』、映画『大怪獣のあとしまつ』など数々の作品に出演する名バイプレイヤー、ふせえりを迎えた。岩崎う大の描く、一癖も二癖もある登場人物たちを、出演者たちはどのように演じるのか、期待が高まる。


「スルメが丘」ワールド全開のビジュアル

このたび、「スルメが丘」ワールド全開のビジュアルが完成。本作のビジュアル制作では、『Heaven by Marc Jacobs』のセカンドシーズンにコントリビューターとして参加するなど、国内外で広くクリエイションを行っているanccoをキャラクターデザインに起用した。さらにフォトグラファー・磯部昭子、ヘアヘッドピース・KUNIO KOHZAKI(W)、メイク・EBARA(W)、スタイリスト・神田百実、衣装制作・山本哲也(POTTO)CG・ミネジマエリ、クリエイティブレタッチャー・岩沢美鶴(siifaa inc.)、宣伝美術・アートディレクター いすたえこ(NNNNY)、たなかともみ(HOEDOWN)といった、音楽、ファッション、広告など幅広い分野で活躍する気鋭のクリエイター陣が集結した。POPで不思議な「スルメが丘」ワールド全開なビジュアルが完成した。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)