香取慎吾3年ぶり主演映画で“旦那デスノート”にもがく夫演じる「恐怖の連続でした!」

映画・舞台 公開日:2022/04/12 2
この記事を
クリップ

このたび香取慎吾を主演に当て書きした、市井昌秀監督による新作映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』が9月に公開することになった。キャスト、監督のコメントも到着した。



主演は『凪待ち』以来3年ぶりの映画出演となる香取慎吾。ヒロインは今年公開される映画だけでも出演作4本(うち主演作2本)と日本映画界に欠かせない女優となった岸井ゆきの。香取とは初めての顔合わせとなった。香取と市井も映画撮影の現場では初めてタッグを組んだ。


しかし二人の接点は14年前までさかのぼる。まだ監督としてキャリアをスタートさせたばかりのころ、08年のぴあフィルムフェスティバルで当時審査員だった香取が市井の作品を高く評価してくれたのだ(結果はグランプリ受賞)。そこで市井はいつか一緒に香取と映画の仕事をしたいという強い思いが芽生えた。その後20年1月に出した香取のソロアルバムの収録曲『FUTURE WORLD(feat.BiSH)』のMVを撮ることになった。それが後押しとなり、MV撮影終了後に市井は香取を主演に据えた脚本の執筆に取り掛かった。そして完成したのが本作である。撮影は2021年9月下旬から10月下旬にかけて、東京都立川ほか埼玉などで行われた。


結婚4年目を迎える田村裕次郎(香取慎吾)と日和(ひより/岸井ゆきの)。表向きは仲良し夫婦の二人だったが、日和がこっそり投稿していたSNS「旦那デスノート」をきっかけに、少しずつ小さなすれ違いがつまびらかになっていく。二人にとって大切な関係を取り戻そうとする香取と岸井。市井は構想の段階で二つ思い描いていた。一つは「大切な人との関係性を見つめ直すもの」。もう一つは「情けない、だらしない、ダメな香取慎吾」だった。コミカルな悪口が並ぶ「旦那デスノート」とは対照的に、シリアスなシチュエーションにもがく裕次郎と日和を二人がとてもユーモラスに演じているのは、市井の狙いだった。絆は些細なことで強くもなればもろくもなる。裕次郎が日和との会話で適当に受け流すときによく使う「いい意味で」という劇中のセリフを借用するなら、崩れかけたメロドラマは「ホラーです、いい意味で」。ユーモアと狂気は紙一重だと気付かされる。誰にでも起こりうることだからこそ誰もが痛感し、共感できる絶妙のコメディに仕上がった。


ちなみに…タイトルにある“チャーリー”とは劇中に登場するフクロウのこと。香取と岸井が飼っているペットの名前だ。チャーリー(3歳/オス)の愛くるしい佇まいにも注目だ。


【キャスト&監督コメント】
★香取慎吾(田村裕次郎 役)
また、映画に出演させてもらえてとても嬉しいです。初めて市井監督の映画に参加しました。初めて岸井ゆきのさんと共演させてもらいました。笑顔のはじめましてが絡み合いながら、SNS『旦那デスノート』にもがく裕次郎を演じました。恐怖の連続でした!自分の知らないところで、自分の知っている人が、自分の事を晒している!コメディです。コメディだけど、泣けるんです。いい意味で。。


★岸井ゆきの(田村日和 役)
わたしは本当の夫婦の感覚を知らないのですが、両親をずっと見てきて、何もないようで何かある空気、本心を悟られないように諭そうとする威厳、笑いながら諌める態度、不思議な関係だと思いました。そんなことを考えて芝居をするのは、いつかあるかも知れない未来を追いかけるようで面白かったです。そして隣にいる相手が幼少期から拝見している香取慎吾さんだなんて身の引き締まる思い。毎日が優しい光で溢れて、香取さんと楽しくお話させていただいている時間は自分でも不思議でSFみたいで、市井監督と現実的な会話で構築していく物語はファンタジーで。皆様がこの映画をどう感じるのか…私も楽しみにしています!


★市井昌秀(監督)
なんらかのすれ違いで妻に憎たらしさを覚えた後、笑いながら誰かと電話するその背中を見て、「この人は何者なんだ?」と感じる時がしばしばあります。結婚って、夫婦って、男と女って、一体なんなんだろう?なんだか厄介で面倒なものを抱えて、どこへ向かっているのだろう?わからないのその先を、香取慎吾さんと岸井ゆきのさんで見たいと思いました。平凡で情けなくダメな田村裕次郎、笑顔の片隅で毒を盛る田村日和と一緒に。



■『犬も食わねどチャーリーは笑う』
9月 TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開
【出演】香取慎吾(『凪待ち』)、岸井ゆきの(『やがて海へと届く』)
【監督・脚本】市井昌秀(『台風家族』)
【配給】キノフィルムズ/木下グループ

©2022“犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)