綾瀬はるか、長谷川博己を呼び捨てに!?『はい、泳げません』本予告映像公開

映画・舞台 公開日:2022/04/06 3
この記事を
クリップ

2020年代を代表する大ヒット恋愛映画『花束みたいな恋をした』の製作プロダクション・リトルモアがお届けする『はい、泳げません』(6月公開)は、泳げない男と泳ぐことしかできない女の、希望と再生の物語。NHK大河ドラマ『麒麟がくる』以降、初の主演作品となる長谷川博己が、頭でっかちな言い訳ばかりするカタブツな哲学者・小鳥遊雄司を演じ、そんな主人公に水泳を教えるコーチ・薄原静香を演じるのは、綾瀬はるか。大河ドラマ主演俳優の夢の映画初共演に期待が高まる。

この度、本作初となる映像(30秒本予告)が解禁された。また、本作の公開初日が6月10日(金)に決定した。


解禁となった本予告映像で「もし僕が溺れたらどうなりますか!」そう言って、スイミングスクールの受付で額に汗をかきながら訴えているのは、長谷川博己演じる哲学者の小鳥遊雄司だ。彼が震える声で話す相手は、「私が助けます」と自信たっぷりに答える水泳コーチ、薄原静香(綾瀬はるか)。入会したスイミングスクールで同じクラスとなった中年女性たちに、面白おかしく励まされながらなんとかプールに入ろうとするも、水に怖気付く小鳥遊は静香コーチから「たかなし!」と呼びすてにされるシーンも。


Little Glee Monsterの軽やかでアップテンポな楽曲『magic!』のリズムに乗せて、「子供みたいな」小鳥遊のコミカルでありながら必死で泳ごうとする姿が描かれる。メインビジュアルにも採用されている静香コーチの凛々しくも温かい眼差しに、目が離せない。

そんな明るいシーンから一転、小鳥遊が見せるのは「怖いんです。思い出すのが」とシリアスな姿だ。水を恐れることになった雄司のある決定的な理由とは…?御徒町凧が作詞、森山直太朗が作曲を手がけLittle Glee Monsterに提供したバラードナンバー『生きなくちゃ』は、そんな雄司に寄り添いそっと背中を押してくれるような優しさに溢れている。泳げない雄司と泳ぐことしかできない静香。正反対の二人がプールで出会い、水泳を通じて自らの過去に対峙していく。もう一度自分らしく生きるため、苦しい再生への第一歩を踏み出す小鳥遊に、心からエールを送りたくなる30秒本予告が完成した。



■映画『はい、泳げません』

6月10日(金)TOHOシネマズ 日比谷 ほかにて全国ロードショー
出演:長谷川博己 / 綾瀬はるか 伊佐山ひろ子 広岡由里子 占部房子 上原奈美 / 小林薫 阿部純子麻生久美子
配給:東京テアトル、リトルモア
宣伝:ヨアケ

(C)2022「はい、泳げません」製作委員会

▼映画『はい、泳げません』30秒予告

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)