草彅剛出演『サバカン SABAKAN』80年代へ誘うティザービジュアル解禁&追加キャスト発表

映画・舞台 公開日:2022/04/06 4
この記事を
クリップ

このたび、『ミッドナイトスワン』『クソ野郎と美しき世界』を手掛けてきたCULEN新作映画『サバカン SABAKAN』のティザービジュアルが解禁となった。さらに、8月19日(金)より全国ロードショーで公開も決定し、追加キャストも発表された。




番家一路(ばんかいちろ)(子役)を主演に、原田琥之佑(はらだこうのすけ)(子役)、尾野真千子(おのまちこ)(『台風家族』)、竹原ピストル(たけはらぴすとる)(『永い言い訳』)、貫地谷しほり(かんじやしほり)(『総理の夫』)、そして草彅剛(くさなぎつよし)(『ミッドナイトスワン』)が出演、日本アカデミー賞最優秀作品賞に輝いた『ミッドナイトスワン』に続く愛の物語となっている。


今回、追加キャストとして、劇作家・演出家・俳優の岩松了(いわまつりょう)、さらに村川絵梨(むらかわえり)、福地桃子(ふくちももこ)、ゴリけん(ごりけん)、八村倫太郎(WATWING)(はちむらりんたろう)、茅島みずき(かやしまみずき)、篠原篤(しのはらあつし)、泉澤祐希(いずみさわゆうき)といったフレッシュで個性的な面々が参加する。


今回解禁となるティザービジュアルは、昭和のブラウン管テレビをイメージした、キャラクターたちの表情に個性とユーモアが溢れる、どこか懐かしいながらも、楽しさ漂うビジュアルとなった。そして「ここは80年代。青春の、少し前の、せいしゅん」というキャッチコピーが添えられており、80年代の青春時代へと誘う雰囲気が全面に出ている。いったいどんな青春映画なのか、とても気になるティザービジュアルが完成した。


1986年の長崎を舞台に、“イルカを見るため”に冒険にでることになった二人の少年の友情、それぞれの家族との愛情の日々を描く、《ひと夏》のみずみずしい「子供が主役」の青春映画。80年代という時代を通して映し出される、貧しさの中にある人の温かさと優しさに触れる作品として、すべての大人たちの魂を揺さぶる「あの頃の僕たちに背中を押される」物語だ。「人間ドラマ」であると同時に普遍的なエンターテイメント作品を目指している。


監督・脚本は、本作が映画初監督となる金沢知樹(かなざわともき)(萩森淳と共同脚本)。TBSドラマ『半沢直樹』(2020年)など、主にテレビ・舞台の脚本や演出を手掛けてきた俊英。新鋭監督と演技派俳優陣による素晴らしいアンサンブルが実現し、完全オリジナル脚本作となる。撮影は2021年8月から9月にかけて、風光明媚な長崎県を中心に行われた。



■『サバカン SABAKAN』
2022年8月19日(金)全国ロードショー
【出演】
番家一路 原田琥之佑 尾野真千子 竹原ピストル
村川絵梨 福地桃子 ゴリけん 八村倫太郎(WATWING) 茅島みずき 篠原篤 泉澤祐希 
貫地谷しほり 草彅剛 岩松了
【配給】キノフィルムズ

©2022「SABAKAN」Film Partners


※本記事は掲載時点の情報です。