鈴木伸之、あだ名は“ワンシーン侍”「ワンシーン撮って帰ることがすごく多くて...」

映画・舞台 公開日:2022/04/04 8
この記事を
クリップ

俳優の鈴木伸之が4日、都内にて開催された『劇場版ラジエーションハウス』完成披露舞台あいさつに、窪田正孝本田翼広瀬アリス山口紗弥加遠藤憲一浜野謙太矢野聖人八嶋智人和久井映見鈴木雅之監督と共に出席した。

2019年4月期、2021年10月期にフジテレビ月曜21時枠で放送された人気ドラマを映画化した同作。原作は『グランドジャンプ』(集英社)で連載中の同名コミックで、診療放射線技師と放射線科医という裏方の活躍に焦点をあてた医療エンターテインメントとなっている。


この日のイベントでは、「キャスト陣が最近発見したこと」というトークを展開。話を振られた本田は「日々発見の連続ですけどね」とした上で、「毎日スムージーを飲むと、すごく朝が気持ち良いですし、毎晩寝る前にソファのクッションをぽんぽんって直してあげると、次の日の朝起きた時に『部屋がきれいだな』っていう発見もありますし」と答えた。


八嶋が「日々の小さいことの連続の積み重ねが大事だってことですね」と納得すると、本田は「小さい発見」とうなずく。


意見を求められた山口は「私は本田の背中に釘付けで...」とポツリ。山口の言葉を受け、「回ったほうがいいんじゃない?」と声をかけられた本田は「ちょっと矢野っちに話しかけようかな」とつぶやき、客席に背中を向けた。



本田の衣装が、背中部分の大きく開いたデザインであったことが明らかになると、周囲のキャストは「フォウ!」と興奮気味に声をあげ、客席からも大きな拍手が巻き起こった。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 34件)