ドラマ『ねこ物件』放送開始前に映画化決定、古川雄輝のメッセージつき超特報解禁

映画・舞台 公開日:2022/04/05 3
この記事を
クリップ

4月より、テレビ神奈川、TOKYO MX、BS11ほかにて放送されるオリジナルドラマ『ねこ物件』。このたび、ドラマ放送開始前に映画化が決定し、劇場版初公開写真と、超特報が解禁となった。



本作は、ある一軒家を舞台に、猫を愛し猫とともに暮らす男、二星優斗と、夢を追う同居人たちの人生模様、そして猫を通じて人との繋がり方や新しい家族の形を描いた、究極の癒し猫エンターテインメント。


主人公・二星優斗を演じるのは、念願のねこドラマで初主演となる古川雄輝。他に入居希望者としてやって来る、司法浪人生・立花修を細田佳央太が演じ、さらに長井短上村海成本田剛文松大航也竜雷太の出演が決定し、スタート前からネコ好き、イケメン好きの間で話題が拡がっている。


幼い頃に両親を事故で亡くした二星優斗(古川雄輝)は、祖父・幸三(竜雷太)と2人暮らし。現在は病床の幸三と、2匹の猫・クロとチャーの世話をしている。ある日突然、祖父が他界してしまったことから、30歳の今まで働いた経験がない優斗は、猫との生活を守る為、そして生きていく為に、収入を得ないといけない状況に。幸三から不動産の管理を任されているという四つ葉不動産の広瀬有美(長井短)が訪ねてきて、収入がないなら家を改築して猫と暮らすシェアハウスにしてみてはと提案される。他人と暮らしたことがなく、猫も気に入るか分からず不安な優斗は、広瀬と共に入居希望者の面接をすることに。しかし、優斗が次々と面接で入居希望者を落とすなか、新たな入居希望者、弁護士志望の立花修(細田佳央太)が現れた。立花の入居は叶うのか?クロとチャーは招き猫になるのか?それとも…。


公開された劇場版『ねこ物件』の超特報映像では、古川から「彼の徐々に人間として成長していく姿を楽しんでいただきたいです。僕自身ねこが大好きですし、何よりもかわいいねこ達がたくさん登場するので、是非劇場でご覧ください!」というメッセージが到着。そして、劇場版撮影時のメイキング映像も初公開。古川がチャーのあごをなで、ねこじゃらしで遊ぶ姿や、やんちゃなシシマルの可愛いドアップを捉えた映像。さらには、古川に抱っこされ、安心したのか抱きつくクロのキュートで、超愛くるしい映像にドラマ放送も、劇場版の公開も待ち遠しくなること間違いなしだ。


映像とともに、メイキング映像にもあった優斗演じる古川と、二星家の主・ねこのチャーが、シェアハウスのリビングで、ねこじゃらしで遊ぶ癒しMAXの劇場版場面写真が初解禁。ねこと人とが共存し、一緒に住むことで、癒されたり、元気をもらったり、慰めてもらったりと、パワーをもらえるこのシェアハウスで、ねこたちと優斗、同居人たちの物語がどのように展開されるか。続報に期待が膨らむ。


オリジナルドラマ『ねこ物件』は、4月よりテレビ神奈川、TOKYO MX、BS11ほかにて順次放送スタート。劇場版は、2022年8月公開予定。究極の癒し猫エンターテインメントから目が離せない。


~ドラマ第1話あらすじ~ 『猫と暮らすということ』
二星優斗(古川雄輝)は30歳。両親を幼い頃に事故で亡くし、祖父・幸三(竜雷太)と2人で暮らしている。これまで働きに出たことがなく、病床の幸三と、一緒に暮らす2匹の猫、クロとチャーの世話だけをしてきた。そんなある日、幸三が脳梗塞で突然他界してしまう。弔問客として四つ葉不動産の広瀬有美(長井短)が訪ねてきた。幸三から不動産の管理を任されていると言う。収入がないなら家を改築して猫と暮らすシェアハウスにすることを提案されるが、他人と暮らしたことがなく、猫が気に入るのか、不安は尽きない。そこに、入居希望者、立花修(細田佳央太)が現れたが…。


▼ドラマ『ねこ物件』についてはこちらも


▼映画『劇場版 ねこ物件』超特報




■オリジナルドラマ『ねこ物件』(全10話)
2022年4月よりテレビ神奈川、TOKYO MX、BS11ほかにて順次放送スタート
【出演】
古川雄輝 細田佳央太 長井短 上村海成 本田剛文 松大航也 竜雷太

■劇場版『ねこ物件』
2022年8月全国公開

(C)2022「ねこ物件」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)