相葉雅紀 8年ぶり映画主演でホラー初出演、新しい挑戦で見せた“貪欲な姿勢”

映画・舞台 公開日:2022/03/28 4
この記事を
クリップ

相葉雅紀が、2022年9月30日(金)に全国公開となる『“それ”がいる森』にてホラー映画初出演を果たす。



本作を手掛けるのは、ジャパニーズ・ホラーの代名詞であり、ハリウッドでリメイクもされた不朽の名作『リング』、2000年代興行収入NO.1ヒットホラー映画『事故物件 恐い間取り』など、数々のヒット作を生み出してきたジャパニーズ・ホラーの巨匠・中田秀夫


不可解な怪奇現象が多発するという実在の森を舞台に、実際に数々の“それ”を見たという目撃情報をベースに、主人公たちが得体の知れない“それ”に遭遇するという未知の恐怖を描いた、新時代のホラーエンターテインメントとなっている本作。果たして、“それ”の正体とはー?


主演を務めるのは、ホラー映画初出演となる相葉雅紀。数々のドラマ・映画・CMにも出演し、バラエティー番組では司会も務め、2016年には『第67回 NHK紅白歌合戦』で、白組の単独初司会を務めるなど、マルチな活躍で幅広い世代から高い支持を得ている相葉雅紀。嵐活動休止後もEXドラマ『和田家の男たち』、や主演舞台『ようこそ、ミナト先生』など俳優としての活躍にも注目が集まっているなか、本作が嵐活動休止後初、『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』以来、8年ぶりの映画主演作品となる。


このたび、撮影中の現場から相葉雅紀のコメントも到着。「ホラー映画の巨匠、中田監督の作品に参加させて頂ける事、そして今回初めてのホラー映画にチャレンジする機会を頂けた事を、本当に光栄に思っております。監督の一つ一つの演出に勉強させて頂きながら、自分なりにこの映画が表現しようとしている「恐怖」と向き合っています。完成を楽しみにして頂けたら嬉しいです。」と中田組初参加への思いと、初めて経験するホラー映画の現場について語った。


中田監督も「今回相葉雅紀さんを主演に迎え、再び「新味溢れるホラーとは?」と自問しながら、撮影を進めています。相葉さんは、現場でこちらが惚れ惚れするほどの「自然体」でありつつ「この場面から主人公本人の自覚がグッと高まるべきですね」と肝になる発言をしてくださり、私としてもとても助けられています。新しい挑戦に貪欲に取り組む彼の姿勢は、この映画のチャレンジと見事に共鳴してくれていると確信しています。」と本作への意気込みを語った。


<コメント>
【相葉雅紀:主人公・田中淳一(たなか・じゅんいち)役】
ホラー映画の巨匠、中田監督の作品に参加させて頂ける事、そして今回初めてのホラー映画にチャレンジする機会を頂けた事を、本当に光栄に思っております。監督の一つ一つの演出に勉強させて頂きながら、自分なりにこの映画が表現しようとしている「恐怖」と向き合っています。完成を楽しみにして頂けたら嬉しいです。

【中田秀夫(なかた・ひでお):監督】
私がホラー映画を作り始めて、もう四半世紀が経ちました。ストレートなモダンホラーや、母娘の情愛を中心に据えたもの、近年では「恐ポップ」と称して、「恐怖と笑いが交錯する」作品など、手を変え品を変え、ホラーに挑んできました。その理由は、ホラー映画は時代の空気感を敏感に吸うものだと思うからです。さて、今回相葉雅紀さんを主演に迎え、再び「新味溢れるホラーとは?」と自問しながら、撮影を進めています。相葉さんは、現場でこちらが惚れ惚れするほどの「自然体」でありつつ「この場面から主人公本人の自覚がグッと高まるべきですね」と肝になる発言をしてくださり、私としてもとても助けられています。新しい挑戦に貪欲に取り組む彼の姿勢は、この映画のチャレンジと見事に共鳴してくれていると確信しています。




■映画『“それ”がいる森』
【公開】2022年9月30日(金)全国公開
【主演】相葉雅紀
【監督】中田秀夫(『リング』『スマホを落としただけなのに』『事故物件 恐い間取り』)
【脚本】ブラジリィー・アン・山田 大石哲也
【企画・配給】松竹
【制作プロダクション】松竹撮影所

(C)2022「“それ”がいる森」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)