Snow Man主演『おそ松さん』向井康二、宮舘涼太から演技絶賛され感謝の土下座

映画・舞台 公開日:2022/03/26 20
この記事を
クリップ

トークでは向井の暴露話で盛り上がる。渡辺が「普段は裏でトークぶん回しているのにラブストーリーを撮る日は一言もしゃべらなかった」、佐久間も「『明日こういうシーン撮るのかぁ。じゃあ俳優モードでいるわ』って現場で言ってた」と明かすと、「ちょっと痛い」「激痛ですわ」とメンバーが次々にコメント。向井は笑いながら「前日にパックしましたわ!」と開き直っていた。


しかし、宮舘は向井の演技を絶賛。「驚愕だったのが康二のおそ松。刺激を受けましたね。笑い事じゃないですよ、本当にそう思っていた。彼なりの努力を感じたし、一緒に過ごしていたからこそわかる」と称賛しまくった。向井はうれしさのあまりか膝から崩れ落ち、宮舘に「ありがとうございます」と感謝の土下座を捧げた。


終盤にはクズ玉割りで公開を祝福。岩本の「せーの!」と合図で割られたが、中から出てきたのは、公開を祝う言葉ではなく「宮舘涼太 お誕生日おめでとうございます」だった。『おそ松さん』公開日となった3月25日は宮舘の誕生日でもある。サプライズ演出に、宮舘は驚きつつ、クズ玉の隣に立ってキリリと決め顔。メンバーからは「社長会見?」「若社長だ…」とクスクス笑われていた。



宮舘は「無事に29歳になりました。28歳を終えて29歳になる年に『おそ松さん』が公開された。みなさんとこれからも歩んでいき、幸せと笑顔を与えられる男性になる」と決意を新たに。舞台あいさつが終了し、メンバーが降壇しても宮舘のみステージに残り、笑顔で感謝。その横には演技を褒められた向井が付き添い、宮舘をこれでもかと祝福していた。


2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)