dTVオリジナル『liar~すれ違う恋~』ヒロイン、日比美思がついた“ほのぼのなウソ”

映画・舞台 公開日:2022/03/27 6
この記事を
クリップ

2016年末に5人組ダンス&ボーカルグループ「Dream5」が活動終了となってからは、タレント活動や女優業で目覚ましい活躍を見せる、日比美思


そんな日比が人気ドラマ「liar」(MBS/TBSドラマイズム枠)のスピンオフ作品、dTVオリジナルドラマ「liar~すれ違う恋~」(3月9日から配信中)で魔性のヒロイン役に挑んでいる。


今回は日比へのインタビューを敢行し、ドラマの魅力や撮影秘話を存分に語ってもらった。


――人気ドラマ「liar」のdTVオリジナルエピソード、「liar~すれ違う恋~」にヒロインでのご出演が決まった際のお気持ちを振り返られていかがですか?

原作のマンガも読んでいた作品だったので、凄く嬉しかったですね。

今回、ナオという髪の短い女性の役が決まる前に、ちょうど芸能活動12周年の心機一転で、髪を切ったばっかりだったんですよ。

なんだかこのお話をいただけたことに、運命的なものを感じました。

あと、ナオは「星の王子様」が大好きなんですが、私も大好きなんですよ。

この共通点にも運命を感じました。


――早速ナオとの共通点のお話が出ましたが、共通点は多く感じられましたか?

台本を読んだ段階では、共通点があまりないのかなと思いました。

ナオは自分に自信があって、奔放です。

親の敷いたレールに沿って人生を歩まなければならないという運命を受け入れつつも、自分のしたいことに対し前向きでいられる強さを持っています。

私は小心者なので、最初は似てないな~と感じていたんです。

衣装合わせの時、監督から「ナオはとても不思議な役。でもこれを“不思議な物語”と捉えるのではなく、自分にも起きるかもしれない出来事と考えて」という言葉を頂いて、ハッとしたんです。

ナオも自分がしたいと思っていることと、こうしなければならないという分岐点に立たされているけど、私ももし今の活動を親に反対されていたら、出来ていなかったかもしれない…。そう考えることが出来るようになり、ナオを身近に感じることが出来ました。


――監督のアドバイスが鋭く的確ですね!日比さんのツイートには「短い撮影期間が、ナオの期限付きの恋愛と重なって、クランクアップした帰り道は夢をみていたような、さみしくて幸せな気持ちになりました。」とのお言葉もありましたが、撮影現場の雰囲気など振り返られていかがでしたか?

本当に現場のスタッフさんも、キャストさんも尊敬する方々ばかりだったんです。

「みんなでいい作品をつくりあげるんだ!」という熱のこもったチームでした。

撮影期間は短かったけど、濃密で学びの多い時間を過ごせました。

撮影の後半には、古川雄輝さん演じる出野司の家で撮るシーンが詰まっていたんです。

なので、クランクアップの時には、「あ~。あの家にはもう行かないんだな」とナオの気持ちと改めてリンクしてしまいました。

それで夢をみていたような気持になってしまったんだと思います。


――濃密な時間を過ごされたようですが、共演者さんとの触れ合いなど、印象的だったエピソードを教えてください。

物語の中には、キスシーンが何度かあるんです。

キスシーン自体の経験はあるけど、1回くらいしかないので少し緊張してしまって…。

その緊張を察してか、スタッフさんが使いきりの小さなマウスウォッシュをこっそり渡してくださって(笑)。

そのまま洗面台に行ってマウスウォッシュを使おうと準備してたら…、その一部始終をキスシーンのお相手である古川さんに見らてしまっていたんですよ。

それで「ニヤリ」って笑うんです!もうそれが凄く恥ずかしかったです。


一同:

(笑)。


――めちゃくちゃ可愛らしいエピソードじゃないですか!現場の空気感の良さが伝わってきますね!今作で日比さんが演じられる謎のヒロイン・ナオについても少し教えてください。

ナオは財閥のご令嬢なんです。

何不自由なく暮らしているお嬢様なんですが、親とお婆様から好きじゃない人との婚約を迫られるんです。

この人とどうしても結婚しないといけないなら、「その前に自分の運命の相手を探したい」と夜な夜なBARに通って、ターゲットの男性を探してはすり寄って、その人が振り向いたら逃げて行ってしまうという、ネコみたいな雰囲気をまとった女性です。


――作品タイトル「liar~すれ違う恋~」にちなみまして、「嘘をつかれたこと」「嘘をついてみたこと」など記憶に残っている「嘘」エピソードがあれば教えてください。

私はなるべく嘘つかないように生きているんですが…、よくつく嘘が1つあるんです。

夜の撮影現場では、晩ご飯にお弁当を出してもらえるんですが、スタッフさんに「もう食べられましたか?」って聞かれた時、「まだ食べてません」って嘘をついて、そのお弁当をお母さん用に持って帰って一緒に食べるんです。


一同:

(笑)。


――相変わらずの仲良し家族エピソード素敵すぎますね!もう次からはお弁当2つ用意してもらいましょうよ!誰も怒りませんよ!今作でのヒロイン出演に関し、ご家族の反応などいかがですか?

「キレイに撮ってもらったね~!」って喜んでくれました。

我が家では、dTVをテレビでも見られるようにしてるんですが、テレビでの大画面で見られていると思うと、少し恥ずかしいですね(笑)。

――お忙しい昨今かとは思いますが、息抜きやリフレッシュにハマっていることなどあれば教えてください。


今まであまりしてこなかったんですけど、最近は料理をするようになりました。

先日は豚汁やニンジンのお浸しを作ったり、和食をメインで作っています。


――出来栄え的に自信作だったメニューなどありますか?

ちょっと前に作ったんですが、チャーシューを自分で煮込んで作ったんです。

もうお家の中がチャーシューの匂いで大変なことになるので気を付けなければいけないんですけど、凄く美味しかったんです!

最初は家族にも味見してもらおうかと思ってたんですが…、思いのほか美味しくて、全部自分で食べてしまいました。


一同:

(笑)。


――そのエピソードだけで出来栄えの良さが伝わってきます!それでは最後になりますが、地上波放送では描かれなかった空白の4年間を描く「liar~すれ違う恋~」dTVオリジナルストーリーの魅力を視聴者にむけよろしくお願いいたします。

この物語は、古川さん演じる出野と、運命の相手を探しているナオが出逢って、恋に落ち、10日間という短い時間を一緒に過ごす切ないストーリーです。

それでも、最終話を見終えた時、きっと前向きになれる作品でもあります。

本編と一緒で、視点が変わるところも面白いポイントです。

共感していただけるポイントも沢山あるとおもうので、是非皆さんも「自分にも起きるかもしれない出来事と考えて」楽しんでください。



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)

関連タグ