長谷川博己&綾瀬はるか、正反対な二人のプールシーンをとらえた場面写真公開

映画・舞台 公開日:2022/03/23 9
この記事を
クリップ

2020年代を代表する大ヒット恋愛映画『花束みたいな恋をした』の製作プロダクション・リトルモアがお届する『はい、泳げません』(6月公開)は、泳げない男と泳ぐことしかできない女の、希望と再生の物語。NHK大河ドラマ『麒麟がくる』以降、初の主演作品となる長谷川博己が、頭でっかちな言い訳ばかりするカタブツな哲学者・小鳥遊雄司を演じ、そんな主人公に水泳を教えるコーチ・薄原静香を演じるのは、綾瀬はるか。大河ドラマ主演俳優の夢の映画初共演に期待が高まる。


この度、場面写真第2弾として、水に顔をつけることもできないほどのカナヅチな小鳥遊雄司(長谷川博己)と、水泳を教える熱血コーチ薄原静香(綾瀬はるか)の、プールでのシーンをとらえたスチール写真が解禁された。


水がとにかく怖い雄司はプールの中でいつも必死だ。ビート板を手に水面を見つめ自分の恐怖心と葛藤し、コーチの静香に腕を掴まれ水中を引っ張られては困惑し、ブルース・リーのような険しい表情で頭でっかちな理屈をこねている。しかし、どれをとっても雄司の一生懸命な様子が手に取るように伝わり、彼の真っ直ぐな性格に興味がそそられる。

それに対し、陸よりも水中の方が生きやすいというコーチの静香は、プールの中でリラックスした笑顔を見せ、緊張してこわばる小鳥遊を温かく見つめている。そんな雄司と静香という正反対の二人がプールで出会い、水泳を通じて自らの過去に対峙していく――。

【画像】長谷川博己&綾瀬はるかの水泳スチール写真(全7枚)


<STORY>

大学で哲学を教える小鳥遊雄司は、泳げない。水に顔をつけることも怖い。屁理屈ばかりをこねて、人生のほとんどで水を避けてきた雄司はある日、ひょんなことから水泳教室に足を運ぶ。訪れたプールの受付で、強引に入会を勧めて来たのが水泳コーチ・薄原静香だった。静香が教える賑やかな主婦たちの中に、体をこわばらせた雄司がぎこちなく混ざる。その日から、陸よりも水中の方が生きやすいという静香と、水への恐怖で大騒ぎしながらそれでも続ける雄司の、一進一退の日々が始まる。
泳ぎを覚えていく中で雄司は、元妻の美弥子との過去や、シングルマザーの恋人・奈美恵との未来など、目をそらし続けて来た現実とも向き合うことになる。それは、ある決定的な理由で水をおそれることになった雄司の、苦しい再生への第一歩だった――。


■映画『はい、泳げません』

6月TOHOシネマズ 日比谷 ほかにて全国ロードショー
出演:長谷川博己 / 綾瀬はるか 伊佐山ひろ子 広岡由里子 占部房子 上原奈美 / 小林薫 阿部純子麻生久美子
配給:東京テアトル、リトルモア
宣伝:ヨアケ

(C)2022「はい、泳げません」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 7件)