町田啓太、赤楚衛二の恋人役と紹介され大照れ「恋人だったんですね」

映画・舞台 公開日:2022/03/10 20
この記事を
クリップ

映画『チェリまほ THE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい~』完成直前イベントが10日、都内で開催され、赤楚衛二町田啓太、風間太樹監督が出席した。


本作は、女性経験のないまま30歳を迎え、触れたら人の心が読める魔法を手に入れた会社員・安達清(赤楚)と、彼に密かに思いを寄せる社内一のイケメンエリート社員・黒沢優一(町田)のほっこりした恋愛模様を描いて大人気を博した連続テレビドラマの劇場版。恋人同士になった二人のドラマ後が描かれている。


司会者から「安達の同期であり恋人」と紹介されると町田は「恋人だったんですね」と照れくさそうな顔を浮かべ「『チェリまほ』でこれだけたくさんの人の前でしっかりと登壇させていただくことがなかったので、新たに緊張しているというか、またここから始まりそうだなという感じでドキドキしています」と笑顔を見せた。


ドラマから映画の撮影まで、1年以上間が空いたことについて町田は「ちょっと期間が空いたので、大丈夫かなと不安があったのですが、衣装合わせのときに赤楚くんを見たら「安達じゃん」と思ってあっという間に戻れました」と振り返ると、赤楚も「あまりにもスイスイと戻れたので、逆に驚きましたよね」とブランクを感じることがなかったという。


ドラマ以上に息がぴったりだったという現場。風間監督は「クランクイン初日のオフィスシーンで黒沢と安達がアイコンタクトするシーンで一気に戻れました」と語ると「二人のいい雰囲気が作品にしっかり出ていると思います」と出来に太鼓判を押した。


本作以外でも共演を重ねた赤楚と町田。互いの印象を改めて聞かれると、赤楚は「人間的な部分で言うと、とにかく人を傷つけないような言動をされる方で、言葉選び一つでも学ぶことが多くて素敵です」と町田を絶賛する。続けて赤楚は「作品をやっていても「食事中にイスにジャケットをかけるのはあまり良くないかも」とシーンについてもしっかり考えを述べるなど、本当に勉強させられることばかりでした」と町田への賛辞が止まらない。


一方の町田も「最初に会ったときから、とても気持ちがいい人。不快な気持ちになることがまったくない。そういう空気にさせてくれる才能に溢れていて本当に魅力的です」と赤楚を称賛すると「『チェリまほ』の空気感は、赤楚君の人柄があってこそ。僕はないものをたくさん持っている。でも抜けているところがある。しかもそれを自覚していないところも本当にいいですよね。俳優としても「次にどんな役をやるんだろう」と興味津々になってしまう魅力があります」とこちらも誉め言葉が止まらない。


またこの日は、3月1日に28歳の誕生日を迎えた赤楚にサプライズでバースデーケーキがプレゼントされることに。赤楚演じる安達のトレードマークとも言えるおにぎりを模った巨大ケーキにキョトンとする赤楚。あまりに予想外のケーキのフォルムと大きさに「ちょっと動揺しました」と目をぱちくりさせると、町田は「こういうところが素敵ですよね。本当に素で動揺していましたよね」と目を細めていた。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 21件)