山田裕貴、小松菜奈 坂口健太郎らとの5ショット公開「心が動いたというメッセージ 嬉しい」

映画・舞台 公開日:2022/03/09 12
この記事を
クリップ

女優の小松菜奈と俳優の坂口健太郎がW主演を務める映画『余命10年』(藤井道人監督)に出演する俳優の山田裕貴が8日、アメーバオフィシャルブログと自身のInstagramを同時に更新。舞台挨拶の時に撮影した小松や坂口らとの5ショットを公開した。



本作は、難病により2017年に死去した小坂流加さんの同名小説が原作。20歳で難病を患い恋はしないと決めた余命10年の高林茉莉と、生きることに迷い自分の居場所を見失った真部和人が織りなすラブストーリー。


この日、SNSを更新した山田。ハッシュタグを添えながら「#余命10年 公開中です」と切り出し、3月5日に都内で行われた公開記念舞台挨拶の時に撮影した小松、坂口、奈緒、藤井道人監督との5ショットを公開した。


続けて「たくさんの心が動いたというメッセージ 嬉しいです」とつづり、「自分には、この仕事には選んでもらって、見てもらって 感じてもらう それくらいしかできませんが…感じてもらうことが 本当に大切だなと本当にありがとうございます」と感謝を述べた。


本作を鑑賞したファンから「2回見ました!!最高すぎ!」「心が動かされた1人です」「とても素敵な映画」「素敵な映画ありがとう」「また一つ好きな作品が増えました」「この4人最高!!」「こちらこそ、ありがとう」「感動しました」「心を奪われたそんな感じがします」「もう大号泣でした」「色んなことを感じて考えて号泣」などの声が殺到している。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)