中島健人『桜のような僕の恋人』原作者と念願の初対談、新場面写真も解禁

映画・舞台 公開日:2022/03/09 16
この記事を
クリップ

2022年3月24日に配信開始となるNetflix映画『桜のような僕の恋人』。このたび主演・中島健人と原作者・宇山佳佑による念願の初対談が文芸誌『小説すばる』(集英社)にて遂に実現した。



本作は、2017年に発売され、泣ける恋愛小説として話題となり、さらにTikTokで人気に火がつき発行部数70万部を突破したベストセラー小説、宇山佳佑著『桜のような僕の恋人』(集英社文庫刊)の待望の映画化。中島健人が主人公・朝倉晴人役、ヒロインの有明美咲役を松本穂香が演じる。


美容師の美咲(松本穂香)に恋をした晴人(中島健人)は、勇気を出して彼女をデートに誘う。目標に向かって頑張る美咲にふさわしい人間になるべく、諦めかけていたカメラマンへの夢を叶えるため再びカメラと向き合うことを決意する。しかし、美咲は「人の何十倍も早く老いていく」という難病を発症する。好きな人と同じ速度で歳月を重ねることができない、という残酷な現実を前に美咲が出した決断とはー?


このたび、かねて原作の大ファンを公言していた主演・中島健人と原作者・宇山佳佑による念願の初対談が集英社の文芸誌『小説すばる』にて遂に実現。さらにはこの対談インタビューにあわせ、松本穂香演じる美咲に愛おしそうにカメラを教える、中島演じる晴人の新場面写真もあわせて解禁となった。


私物の原作本を持参してインタビューに臨むほどの原作ファンである中島と原作者・宇山の対談は、撮影現場以来の再会ということもあり、興奮と喜びに満ち溢れた時間となった。中島が宇山が紡ぐ物語の世界に憧れ、かねてその中に入っていけたらと思い描いていたエピソードや実際の撮影現場での出会い、原作への深いリスペクトに裏付けられた中島の役作りの過程など、魅力的なエピソード満載の温かい対談内容となっている。さらに同じエンターテインメントの世界の第一線で活躍している2人の“ロマンチスト”トークまで繰り広げられ、中島が宇山へ新曲ラブソングの歌詞を依頼?そんな気になる対談の続きは、3月17日に発売される『小説すばる』にて確かめてほしい。


そしてこの対談インタビューとあわせて、中島演じる晴人が松本穂香演じる美咲に愛おしそうにカメラを教える、微笑ましい新場面写真も初解禁となった。本作で物語の重要なキーとなるカメラ。今回の『小説すばる』対談時も、中島と宇山でカメラを向けあうなど楽し気な撮影が行われた。気になる実際の写真は是非本誌をチェックだ。



■『小説すばる』2022年4月号
3月17日発売
計11P。カラーグラビア付き。

■集英社文庫『桜のような僕の恋人』
2017年2月17日発売
【著】宇山佳佑
【価格】660円(税込)

■Netflix映画『桜のような僕の恋人』
【キャスト】
中島健人 松本穂香
永山絢斗 桜井ユキ 栁俊太郎 若月佑美
要潤 眞島秀和 モロ師岡 / 及川光博
【原作】宇山佳佑『桜のような僕の恋人』(集英社文庫刊)
【主題歌】Mr.Children『永遠』(TOY’S FACTORY)  

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)