SixTONES 松村北斗『ホリック xxxHOLiC』撮影中に迎えた誕生日は“サプライズ”でお祝い

映画・舞台 公開日:2022/03/03 9
この記事を
クリップ

映画『ホリック xxxHOLiC』(監督:蜷川実花)が、4月29日(金・祝)に公開される。原作は、累計1400万部を突破している創作集団・CLAMPの伝説的大ヒットコミック。『ヘルタースケルター』『Dinerダイナー』の蜷川実花監督が、艶やかで華やかな圧巻ビジュアルで、今回初の実写映画化に挑む。人の心の闇に寄り憑くアヤカシが視えることで孤独に生きてきた高校生:四月一日(神木隆之介)が、対価と引き換えにどんな願いも叶えてくれる【ミセ】(店)に迷い込み、ミセの女主人・侑子(柴咲コウ)と出会うことで、不思議な運命に足を踏み入れていく様子が描かれている本作。




本日3/3は、神木隆之介演じる四月一日のクールでミステリアスな同級生で、原作でも屈指の人気キャラクター・百目鬼静(どうめきしずか)の誕生日。そんな特別な日を祝して、百目鬼を演じた人気グループ・SixTONESのメンバーである松村北斗が、本作の撮影期間中(撮影は2020年)に25歳のお誕生日を迎えサプライズでお祝いされたオフショットが解禁。


作品のモチーフでもある“蝶”とピンクと紫の花でデコレーションされたケーキが共演者と蜷川監督から贈られ、和気あいあいとした現場の雰囲気が感じられるカットになっている。原作での人気の高さから、誰が演じるのか注目が集まっていた百目鬼は、見た目の美しさ、無口でクールに見えるけれど友情に厚いといったギャップが魅力である。そんな大役に抜擢された松村自身も一見クールそうに見えるが実は人懐っこく、ギャップの塊という共通点がある。


百目鬼役について蜷川監督は「喋らない役って、すごく難しくて、しかも人気のキャラクター。一体どうしたらいいものかと、結構悩みましたね。松村くんは、SixTONESの撮影をしたことがあって、その時に、この子面白いなって、ずっと心に残っていて。プロデューサー陣と話していたときに、急に思い出して、彼なら百目鬼に合うと思った。そこから急に動き出しましたね」と語った。


撮影を終えた松村は「監督は「全部良いカット撮っているから大丈夫だよ」とおっしゃってくださっているので、作品を待ち望むファンの気持ちで、完成を心待ちにしています」とコメントしていた。掴みきれない役柄に苦戦し不安があったと語る松村だが、持ち前のストイックさで、誰もが心を奪われるクールでミステリアスな百目鬼を見事に演じ切っている。蜷川実花監督が描く究極の新体感ビジュアルファンタジー『ホリックxxxHOLiC』は4月29日(金・祝)公開!今後の続報にも注目だ。


【STORY】

願いを叶えるには、代償が必要。
さあ、あなたの願いは?
人の心の闇に寄り憑く“アヤカシ”が視える孤独な高校生・四月一日(ワタヌキ)。その能力を消し去り普通の生活を送りたいと願う四月一日は、ある日、一羽の蝶に導かれ、不思議な【ミセ】にたどり着く。妖しく美しい【ミセ】の女主人・侑子(ユウコ)は、彼の願いを叶えるために、“いちばん大切なもの”を差し出すよう囁く。同級生の百目鬼(ドウメキ)やひまわりと日々を過ごし“大切なもの”を探す四月一日に、“アヤカシ”を操る女郎蜘蛛らの魔の手が伸びる。世界を闇に堕とそうとする彼らとの戦いに、侑子や仲間たちと共に挑んだ四月一日の運命は――?!


▼予告編



■『ホリック xxxHOLiC』

4月29日(金・祝)公開
配給: 松竹 アスミック・エース

©2022映画「ホリック」製作委員会 ⓒCLAMP・ShigatsuTsuitachi CO.,LTD./講談社

※本記事は掲載時点の情報です。