櫻坂46菅井友香「信じられない幸せな機会」初挑戦のミュージカル開幕に感慨

映画・舞台 公開日:2022/02/26 9
この記事を
クリップ

城田優が演出・主演を務めるミュージカル『カーテンズ』のゲネプロ取材会が26日、都内にて開催。城田、菅井友香櫻坂46)、三浦翔平が出席した。


『カーテンズ』は、2007年3月にブロードウェイで開幕し、日本では2010年に東山紀之主演で上演されたミュージカル。今回はまったくの新演出、新カンパニーでの上演となり、菅井・三浦はミュージカル初挑戦となる。

新人女優・ニキ役の菅井は、ターコイズブルーが印象的なストライプ柄の衣装で登場。「今も『夢なんじゃないか』と思うくらい不思議な気持ち。それくらい本当に夢心地なんですけど、緊張とともに、こうしてこんなご時世の中、初日を迎えられるかという不安もありました」と語った。



また「ずっと、私自身もミュージカルにすごくパワーをいただいてきて、その中で今回初めてミュージカルに挑戦するっていう。本当に信じられない幸せな機会をいただいて、うれしさと同時に自分の実力が本当に足りないということを日々、入る前から実感して」とミュージカルへの思いを告白。


続けて「心を開放するところから難しいんだなということを実感しました。先生方やキャストの皆さん、そして城田さんは本当に優しく丁寧にサポートしてくださって、私は皆さんを信じてすべてを受け止めて、スポンジになったつもりで日々吸収するっていう風にして今日まで来ました」と振り返った。


そんな菅井について城田は「すごく品が良くてすごくおしとやかで、普段から、たぶんファンの方たちが想像している通り、もしくはそれ以上にしっかりされている」と明かす。


そのうえで「グループのキャプテンとして、おそらくシャキっとしなくてはいけない時間が多かったせいか、本当に完成されてしまっていたので、まずはほぐしてあげるところから始まったんです」と、演出家の立場から、菅井の心を開放するために取り組んだことを振り返った。


さらに「初日の本読みの音源を聞いたらびっくりしちゃうくらい、すっごく成長しました。私がいうのもおこがましいんですけど」としみじみ。「今ここにいない関係者の皆さんも『菅井さんすごく伸びましたね』という風になっています」と称賛の声が上がっていることを伝えていた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 30件)