金曜ロードショーでディズニー『塔の上のラプンツェル』がノーカット放送決定

映画・舞台 公開日:2022/02/25 7
この記事を
クリップ

金曜ロードショーでは、この春、ディズニーの長編アニメーション作品を2作品を放送する。第1弾は来週3月4日放送の『リメンバー・ミー』。そして、第2弾として3月25日に大人気ディズニープリンセス作品『塔の上のラプンツェル』の放送が決定した。本編ノーカットで放送される。



長い髪の毛に魔法の力を秘めた少女・ラプンツェルは、ディズニープリンセスの中でも特に人気の高いキャラクターのひとり。ラプンツェルの吹き替えを中川翔子が担当したことでも話題となった。


生まれてから18年間、高い塔に閉じ込められていたが、長年の「夢」を叶えるため、大泥棒のフリンと共に、人生初めての大冒険の旅に出る。前向きなヒロインが新しい世界へ踏み出す、<勇気>のすばらしさを描いた感動の物語。名曲『輝く未来』とともに、是非家族そろって楽しもう。


来週3月4日は、ディズニー&ピクサーの傑作『リメンバー・ミー』。カラフルな死者の国を舞台に、少年と陽気なガイコツの大冒険を通して、“家族の絆”を描いた、感動と音楽に満ちたファンタジー・アドベンチャー作品だ。最後は意外な秘密が明らかになり、幸せに包まれる感動の結末が待っている。


【ストーリー】

森の奥深く、人目を避けるようにしてたたずむ高い塔。そこには、金色に輝く“魔法”の髪を持つ少女ラプンツェルが暮らしていた。18年間一度も塔の外に出たことがないラプンツェルは、毎年自分の誕生日になると夜空を舞うたくさんの灯りに、特別な想いを抱き、今年こそは塔を出て、灯りの本当の意味を知りたいと願っていた。そんな中、突然塔に現れた大泥棒フリンと共に、ついに新しい世界への一歩を踏み出す。初めての自由、冒険、恋、そして、彼女自身の秘められた真実が解き明かされ…。


■『塔の上のラプンツェル』※本編ノーカット

3月25日(金)よる9時00分~10時54分

©Disney. All rights reserved


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)